CATEGORY

武道館コンサート

  • 2016年7月31日
  • 2019年12月4日

2016 深見東州武道館コンサートのマスコミ記事から

今日は、深見東州単独武道館オリジナルコンサートのマスコミの記事から、評判などを紹介してみます。 最初に思ったのは、深見東州さんを紹介するときの言葉が、ますます多彩になってきましたね。以前からある深見東州さんを表す言葉には、「現代のルネッサンスマン」「稀代のエンターティナー」「国内屈指のオペラ(バリト […]

  • 2016年7月27日
  • 2019年12月4日

7/21 深見東州 武道館コンサートで、あらゆる愛を歌う

先週開催された「深見東州単独 ! 武道館・オリジナルソングコンサート」のことが、新聞に掲載されてました。 深見東州さんは今日までに800曲以上作曲をしてきたそうですが、その中から約30曲ほど歌われました。40歳前後くらいから作曲が増え始めたようですので、作曲家としてはかなり遅咲きになりますね。 歌手 […]

  • 2016年7月24日
  • 2019年12月4日

2016/7/21深見東州単独!武道館オリジナルソングコンサートの評判

深見東州さんは、日本を代表するような歌唱力をやはりお持ちですね。今回の武道館コンサートでそう感じました。おそらく日本では誰も真似できないような歌い方をされていると思います。 日本にもいい歌手やボーカリストはたくさんいますが、歌い方が全然違いますね。何が違うと言われても、専門家のようには話せませんが、 […]

  • 2016年4月10日
  • 2020年5月27日

2016 深見東州単独!武道館・オリジナルソングコンサート、7月21日に開催

2013年から始まった深見東州さんの武道館コンサートですが、今年で4年目となります。まだ3ヶ月ほどありますが、今回は7月21日の真夏の開催となるようですね。すでにお知らせが、チケット販売を代行しているたちばな出版のホームページに掲載されていました。     今年は、深見東州単独! […]

  • 2016年2月12日
  • 2019年12月4日

深見東州と世界の友人コンサートツアー日本武道館」で、マイケル・ボルトン、ピーター・セテラと共演

2013年9月5日、深見東州さんは初の武道館公演を大成功させます。「深見東州と世界の友人コンサートツアー日本武道館」と題して、マイケル・ボルトン、元シカゴのピーター・セテラとのコラボが実現しました。   マイケル・ボルトンとの出会いについては、「深見東州さんの世界の友人、マイケル・ボルトン […]

  • 2015年10月2日
  • 2019年12月4日

深見東州コンサート、武道館が甲子園に?

これで最後になりますが、デイリースボーツの深見東州武道館コンサートの記事を掲載します。 デイリースボーツ2015年9月29日 武道館が甲子園球場に、という見出しが関西を拠点にするデイリースボーツらしいですね。深見東州(半田晴久)さんも関西出身ですので、共有する思いがあるのかもしれません。 この記事に […]

  • 2015年10月1日
  • 2019年12月4日

深見東州初の武道館ソロコンサート、ノンストップ3時間半に1万2千人興奮

今日から10月ですから、秋が来たかな~という気分になりますが、温暖化のせいか、まだ残暑気分がどこか抜けてない気もしますね。 今日も、新聞記事を掲載しますが、東京スボーツは、他にないユニークなものを扱ってたりするので、いろいろ目がいってしまいますね。気を取り直して、深見東州さんの武道館コンサートの記事 […]

  • 2015年9月30日

ジョー・リン・ターナー、マイケル・ボルトンも認めた歌唱力全開の深見東州武道館コンサート

今日はスポーツ報知に載っていた、深見東州武道館コンサートの記事を掲載します。 スポーツ報知2015年9月29日 今回のコンサートでは、深見東州(半田晴久)さんのオリジナルソングからも、4曲披露されました。 深見さんは、オリジナルソングのことを、歳をとると他人の歌ばかりではなく自分の歌も歌いたくなるん […]

  • 2015年9月29日

深見東州初の単独武道館、12000人観衆魅了 !

先日の深見東州さんの武道館コンサートの様子が、次々と新聞記事になってますので、順番に掲載したいと思います。 まずは、こちらです。 サンケイスボーツ2015年9月29日 このサンケイスボーツの記事を書く人は、どなたか知りませんが、いつも臨場感あふれる文章を書かれますね。毎回記事になるわけではありません […]

  • 2015年9月28日

深見東州武道館単独公演は爆唱と爆笑

深見東州さんの武道館単独コンサートの新聞記事を掲載します。 スポーツニッポン2015年9月25日 短めに、ふんだんにギャグを挟んでの、コンサートとなりました。 この日は巨大東州オーケストラという、最大で30人編成のオケがはいりました。JAZZナンバーなどでは、トランベットとホルンが活躍しましたので、 […]

  • 2015年9月25日

深見東州さんのコンサートの醍醐味

深見東州(半田晴久)さんのコンサート記事をひとつ掲載します。 日刊スボーツ2015年9月25日 武道館の単独コンサートでは18時30分に開演し、21時58分まで、3時間30分にわたり、ノンストップでの公演となりました。武道館は22時までに必ず終わらなければいけないそうなので、タイムリミットギリギリま […]

  • 2015年9月22日
  • 2019年1月3日

深見東州 武道館コンサートで気になった曲をいくつか

深見東州さんの武道館コンサートは、会場の熱気もすごいものがありましたけど、深見東州さんの熱唱もすごくてバワフルなステージになりました。 印象に残った曲は、クイーンの「We Are The Champions」で、フレディーマーキュリーのような濃いボーカルではなく、サウンドもオリジナルと比べると、ギタ […]

  • 2015年9月20日
  • 2019年1月3日

深見東州・武道館単独コンサートの金字塔

深見東州さんの武道館コンサート、すごい大盛況で、ステージ斜め後ろから観る北東、北西ブロックまで、完全ソールドアウトでした。びっちり超満員の熱気で始まる前から熱かったです。 そして深見東州さん、なんだかとてもハードな日々の中で、体力的にも大変だったと思いますが、今回初お披露目の曲もふくめて3時間半、ノ […]

  • 2015年9月16日
  • 2019年1月3日

今年の深見東州武道館コンサートの前に、昨年の進撃の阪神巨人ロックコンサートの話題を

今週は、武道館で、深見東州さんの単独公演が開催されます。この1年で、またまたパワーアップされたのは間違いないですから、昨年以上に期待できそうな予感です。 昨年の武道館コンサートといえば、大物ロック歌手が4名も登場した、熱狂的なロック一色のコンサートになりました。ジョー・リン・ターナーはじめ、皆、全盛 […]

  • 2014年10月2日

ウニ、イクラ、トロだけのコンサート

デイリースポーツ 2014/9/30 進撃の阪神巨人ロックコンサートの報道記事が次々と出ているようです。 せっかくですから、ひとつひとつ掲載しようと思います。 「ビートルズの再来、武道館に新たな伝説生まれる」と書かれてました。好きな人にとっては、それくらいのインパクトがあったのかもしれませんね。 大 […]

  • 2014年9月30日

熱狂の渦の中で、進撃の阪神巨人ロックコンサート開催

毎日新聞 2014/9/28 進撃の阪神巨人ロックコンサートは、とても熱いライブとなりました。武道館が熱狂のるつぼとなり、これ以上盛り上がれないくらい乗りまくった感じがします。 私の周りでもタテノリで狂ったようにジャンプしてる人が大勢いました。 さすがに3時間もこれだと足腰も腕も疲れてしまいそうです […]

  • 2014年9月15日

千載一遇の、”進撃の阪神 巨人ロックコンサート”

進撃の阪神 巨人ロックコンサートの新聞広告です。相当なインパクトがあります。”進撃の阪神“ というネーミングを思いつくだけでもなかなかできないことですが、それをタイトルに持って来るとなると誰も真似できないでしょう。深見東州さんのセンスと実行力には恐れ入ります。 しかもタイトルはジョークのようでも、内 […]

  • 2014年8月21日

深見東州 進撃の阪神 巨人 ロックコンサート!! 日本武道館

9月26日 深見東州 進撃の阪神 巨人 ロックコンサート!! 日本武道館 気になって仕方ありません。 豪華すぎるメンバー ・進撃の阪神 深見東州 ・鎧のようなヘビーなヘビメタ巨人 ジョー・リン・ターナー ・ユメミルような巨人 ミッキー・トーマス ・壁から飛び出し旅するような巨人 スティーブ・オウジェ […]

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG