MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

今年の深見東州武道館コンサートの前に、昨年の進撃の阪神巨人ロックコンサートの話題を

今週は、武道館で、深見東州さんの単独公演が開催されます。この1年で、またまたパワーアップされたのは間違いないですから、昨年以上に期待できそうな予感です。

昨年の武道館コンサートといえば、大物ロック歌手が4名も登場した、熱狂的なロック一色のコンサートになりました。ジョー・リン・ターナーはじめ、皆、全盛時代と比べても遜色ないようなシャウトぶりに、会場も総立ちとなり、後半になればなるほど狂乱の坩堝状態になってました。

それで、雑誌に掲載されていた、去年の武道館での、深見東州・進撃の阪神巨人ロックコンサートのライブレボートを手に入れましたので、今日はそれを掲載します。最初の深見東州さんの紹介がなかなかユニークです。

「オープニングを飾った主催の進撃の阪神ロック歌手こと深見は、大学受験予備校・みすず学苑の学苑長として、また、神道系の宗教法人「ワールドメイト」の指導者として知られる人物だ。このほか、オベラ歌手をはじめ、書道家、作家、能楽師、など数々の肩書きを持ち、さらにカンボジアでの大学経営など慈善事業にも力を入れており、ジャンルを超えたマルチな活動を行っている。だが、深見と彼の事業展開を語る上で外せないのは、やはりそのユーモアのセンスだろう。みすず学苑のCMにも現れているが、ダジャレやアニメのパロディーがどのような場面でも炸裂しているのだ。深見の一見、ムテッ棒にも思える活動をつなぎ合わせて、深見らしさを生み出しているのは、間違いなくギャグが潤滑油として機能しているからである。(別にギャグが滑っているという意味ではない)」

 

HANSIN

Quick Japan vol.116 p208~

そして、進撃の阪神巨人ロックコンサートに関するツイッターをまとめてみました。かなりの数があったので、代表的なものだけを紹介します。気になっていた人がたくさんいたようですね。実際に行った人も多かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる