MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

熱狂の渦の中で、進撃の阪神巨人ロックコンサート開催

IMG_1919

毎日新聞 2014/9/28

 

進撃の阪神巨人ロックコンサートは、とても熱いライブとなりました。武道館が熱狂のるつぼとなり、これ以上盛り上がれないくらい乗りまくった感じがします。

私の周りでもタテノリで狂ったようにジャンプしてる人が大勢いました。さすがに3時間もこれだと足腰も腕も疲れてしまいそうですが、時々スローなナンバーもあるので、なんとか最後まで持ちこたえました。体力をつけておかないとロックのライブはツライです。

 

それにしても今回のロックミュージシャンたちは、やはり皆すごい人たちでした。一気にテンションが上がるハイトーンボーカルで、グイグイと観衆を引き込んでいきます。日本のロックミュージシャンもレベルが高いと思いますが、彼らはよいお年を召してるはずなのに、微塵もそんな感じがしません。あの歳であれほど声が出るとは、全盛期はもっと凄かったのでしょう。

また、その力を維持する努力が素晴らしいと思います。皆プロフェッショナルに徹していて、パフォーマンスも素晴らしいものでした。深見東州さんは、それらの4人といっしょに、最後はビ-トルズの曲を披露されました。4人に負けてないところはさすがだなと思いました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる