CATEGORY

能楽師

  • 2018年6月5日

東京大薪能は、東京の夏の風物詩

今年3月に開催された深見東州バースデー書画展で、今年は東京大薪能を復活させるようなことを言われていました。 東京大薪能とは、1998年から2014年まで、東京都庁の都民広場やお台場の潮風公園で無料で開催されていた薪能の上演 […]

  • 2015年11月5日

ニューヨーク、ロンドン、パースでも演能を披露

深見東州さんの海外での演能紹介も今日で最後にしますが、アンコールワットとスフィンクスでの薪能のことは噂には聞いてましたが、実はニューヨークやロンドンなどの国際都市でも能を披露されていました。 ニューヨークでは、メトロボリタ […]

  • 2015年11月4日

エジプトでのスフィンクス薪能の幽玄なる魅力

前回はアンコールワットでの薪能を紹介しました。実際に見た人はとても幽玄でロマンチックな舞台だったのではないでしょうか。想像しただけでも、いいなぁと思えます。 でも、もっと驚くのは、エジプトのピラミッドのスフィンクスの前 […]

  • 2015年11月3日

壮大なるスケールのアンコールワット薪能

深見東州さんは能楽に関しても、これまでにたくさんの貢献をされてきました。そのひとつが東京大薪能の開催です。 本当は、東京大薪能はほぼ毎年開催されていたのですが、今年はいまのところ開催という話を聞きません。能楽ファンの人たち […]

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG