MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

みすず学苑のCM、謎の電車広告の意味?

たしか予備校の生徒募集というのも、とうに終わってる時期ではないかと思いますが、そんなこと関係なく、ネット上では賑やかな話題を提供しているみすず学苑です。見るとどうしても笑えるので、定期的に紹介するしかなさそうですね、こうなったら。

みすず学苑でもらったものでしょうけど、興味深い写真もありましたね。

あとこちら、みすず学苑のCMには、たしかな戦略があるということで、いろいろと分析してます。

 

みすず学苑は、なぜ“謎の電車広告”を出し続けるのか?
あなたは電車に乗っている時、この広告を見たことはありませんか?(関東地方限定)
みすず学苑
main1502_on
恐らく一度は見たことがあるかと思います。そして必ずこう思ったはず。
「どうしてこんなに変な広告を毎年出すのだろうか?」
調べてみたところ、JR東日本の場合、ドアの窓に貼るステッカーは1か月最低110万円はするとのこと。
これだけの広告費用をかけているのに、なぜあのような意味不明な広告を載せるのか。実はそこには深いマーケティング戦略が隠されていたのです。以下はリンクで

 

それはそうでしょう。いくら深見東州さんがギャグ好きだからといっても、個人的な趣味のためだけで宣伝なんかしませんよねー、ふつう。
ということで、まあ、なるほどという感じの内容でしょうかね。

あと、深見東州さんが社長のたちばな出版は、営業マンが、(女性もいると思うんですけど)とにかくコスプレして、で、本屋の営業に来るんだそうです。いつかどこかで、出くわさないかなー、と期待してるんですけどね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる