TAG

タスク(Tusk)

  • 2017年1月8日
  • 2019年12月3日

野生動物の違法製品への需要をなくす努力

昨年、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会(ISPSハンダ)と、英国のウィリアム王子がパトロンをしているタスク(Tusk)という、野生動物の保護のために行動している慈善団体が協力し、野生動物の違法取引根絶を世界に発信しました。 その直後、ヨハネスブルグでは第17回ワシントン条約(CITES […]

  • 2016年10月16日
  • 2019年12月4日

昨日の「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」は、絶滅危惧種のお話

昨日の「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」では、絶滅危惧種についてお話しされてました。野生動植物の保護など、このような環境問題というのは、そう簡単な問題ではないというお話でしたね。利害関係、利権が絡むものだけに、国際政治においては、とても繊細な問題になるようです。   日本は鯨を食料と […]

  • 2016年10月3日
  • 2019年12月4日

ウィリアム王子と深見東州さん、野生動物の違法取引の根絶を世界に発信

先日、9月22日に東京とロンドンとヨハネスブルグを結んで、「タイム・フォー・チェンジ」というレセプションが同時開催されたことを紹介しました。 このレセプションは、現在ヨハネスブルグで開催中の第17回ワシントン条約(CITES)締約国会議の前夜祭として行われたものです。野生動物の違法取引によって引き起 […]

  • 2016年9月24日
  • 2019年12月4日

Tuskと国際スポーツ振興協会主催の「タイム・フォー・チェンジ」レセプション開催

この「タイム・フォー・チェンジ」は、10月24日から、南アフリカで開催されるワシントン条約(CITES)締約国会議に先駆けて開催されたものだそうです。Tuskという団体は、ウィリアム王子をパトロンとする慈善団体で、アフリカの野生動物の保護などの活動を行っているそうです。 現代では、密猟や違法取引によ […]

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG