MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

ISPS HANDA ワールドスーパー6パースとISPS HANDA オーストラリアン女子オープンの結果

2月に、オーストラリアで2つのハンダカップが開催されました。その結果を含めて、話題になったものを紹介します。

こちらの動画は、欧州男子ツアー、アジアンツアー、豪州男子ツアー共催で開催された ISPS HANDAワールドスーパー6パースの最終日の動画です。15分過ぎくらいから、宮里優作選手のマッチプレーが見れます。勝負がなかなかつかず、4ホール延長してようやく決着がつきました。残念ながら負けてしまい、日本選手は最終日、2回戦までに全ての選手が姿を消しました。

 

 

4:30:00ごろに、カンガルー同士の戯れを見ることができます。オーストラリアのゴルフ場ならではの光景ですね。観客を沸かせていました。それ以外にも何度か、我が物顔にゴルフ場を飛び跳ねるカンガルーの姿が映っていました。そしてゴルフコースもとても美しいところです。

 

カンガルー-min

 

では、ほとんど私の知らない選手ばかりですが、最終日のマッチプレーの結果を載せておきたいと思います。宮里選手は、結局優勝したタイのキラデク・アフィバーンラト選手に負けたわけですね。欧州男子ツアーでは、これで4勝目になるそうです。最終日のマッチプレーに進出できるのは24人ですけど、3日目のプレーオフの末、24人目に滑り込んだそうです。そしてこの日は激戦となった宮里戦を制して波に乗っての優勝かも知れませんね。しかも今回はスポンサー推薦で出場できた大会だったそうなので、チャンスを物にできて良かったですね。

 

 

日本選手では小平智選手が最終日に進みましたが1回戦で敗れています。期待の谷原秀人選手、片岡大育選手は最終日に進むことができませんでした。
また、最近ISPSハンダとアンバサダー契約を結んだ、元世界ランキング1位のリー・ウェストウッド選手も最終日に進めませんでした。同じくISPSハンダのアンバサダーであるトービヨン・オルセン選手は、優勝候補でしたけど、2回戦で姿を消しました。

 

 

深見東州さんの姿は見えませんが、ジョン・キー元ニュージーランド首相が優勝者にトロフィーを授与されてますね。

 

もう一つの大会は、米国女子、欧州女子、豪州女子ツアー共催で開催されたISPS HANDA オーストラリアン女子オープンです。 こちらの動画は最終日のハイライトになります。

 

 

優勝は、ルーキーの韓国のコ・ジンヨン選手でした。これで世界ランキングが16位に上がっていました。

 

 

本物のコアラの姿も見えますね。かわいいですね。

この大会、日本からは7人の選手が出場しました。17歳のスーパー高校生、山口すず選手が、初日3位タイと大健闘し、予選も通過し、最終的には57位タイで終えました。

 

 

また、もう一人の高校生、吉田優利選手も伸ばしてきて34位タイと、今回参加したアマチュア8人の中ではもっとも良いスコアで、ローアマを獲得しています。

 

 

また、畑岡奈紗選手は最終日に5位タイからスタートし、最終的には16位でしたけど、日本選手の中では最高の成績でした。

 

 

日本は10代の3人の選手の活躍が目立ちました。数年前にこの大会を制した野村敏京選手は、2日目に8位タイにつけたものの、最後は40位タイで終えています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる