MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

ISPSハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフ2日目、日本8位に上昇

ISPSハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフ2日目のチームジャパンは、ー7をマークして8位タイに上昇しました。もっと、いけそうかなというショットもありましたが、それでもー7まで伸ばしてきたので素晴らしいと思います。

ただ、この日は他のチームも伸ばしてきたので、1位との差は6打差と少し開きました。1位に躍り出たデンマークは今日ー12の60で回りました。いくら大会2日目はフォアボール(2人それぞれが自分のボールをプレーし、いいほうのスコアを採用する)で行われたとはいえ、ここまで伸ばすなんてすごいですね。2イーグル、8バーディ、ノーボギーですから笑いが止まらないようなアタリですね。他のチームも、今日はスーパーショットがたくさん出ていたようです。

 

明日3日目は、初日と同じフォアサム(1つのボールを2人で交互にプレーする)で行われますが、今回のような団体戦は、見ていてとても面白いですね。オリンピックもこのやり方でやれば、もっと面白くなったのにと思いました。

ゴルフは個人競技と思ってましたけど、このような2つのパターンでやると、ストロークプレーとは全く違った攻め方や駆け引きがあり、また、2人のコンビネーションが大事になるので、とてもスリリングで見応えがあると思います。

上位の順位は以下の通りです。

【2日目の順位】

1位:デンマーク(-12)
2位:中国(-9)
3位:スペイン(-8)
4位T:フランス(-7)
4位T:イングランド(-7)
4位T:イタリア(-7)
4位T:米国(-7)
8位T:日本(-6)
8位T:スウェーデン(-6)

2日間終わって、チームジャパンの、松山英樹選手、石川遼選手ともに尻上がりに調子を出してきたのではないかなと思います。あと2日間、もっと緊迫してくると思いますが、リラックスして、最高のプレーが出せるよう応援しています。

冠スポンサーであるISPSハンダの、半田晴久ISPS会長(深見東州さん)は、今回、会場に行かれてないようですが、きっと日本チームの活躍を期待されていることでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる