MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

シニアゴルフも半田(深見東州)ワールド

秋葉選手の逆転優勝で終わったISPSハンダカップ フィランスロピーシニアトーナメントでしたが、感激のインタービューでは、仲良しだった今は亡き先輩ゴルファーを思い、涙を見せてました。詳しくはこちらの記事で。

[blogcard url=’https://toshu-fukami-fan.info/archives/51804296.html’ width=’100%’ height=’190px’]

しかしながら、今回の大会は涙と感動だけではありません。深見東州さんのアイディアで、様々な楽しい企画満載のトーナメントになりました。こちらに掲載している報知スボーツの写真でも紹介されていますね。

 

SINIAGOLF

スボーツ報知 2015/11/30

右下に載っている初登場の「デキシーバンド東州」は、深見東州さんの4つ目のバンドになるそうですが、なんだかお笑い芸人のような雰囲気ですね。あと大道芸も登場して、一輪車の曲芸やジャグリングも見せてくれたようです。

それから人気はチャリティー釣り堀やヨーヨー釣りだったそうです。もう何のイベントをしているのかわからなくなりそうですね。でも、来た人たちに楽しんでもらおうという、深見東州さんのサービス精神からでしょうから、ほのぼのとした温かいものを感じます。バンドに合わせてご自身も歌われたとか聞きましたし、率先して盛り上げる姿勢はやはり素晴らしいと思います。生で聴けた人はよかったですね、日本有数の実力を持つプロの歌手ですからね。

 

それから優勝者に贈られた兜型のトロフィーを実際にかぶっている写真もありますけど、これも思い出に残るでしょうね、普通じゃない表彰式になったことでしょう。シニアとスーパーシニアで、ちゃんと兜の形を変えてありますし、この細やかな違いを、適当しないことも大事なんでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる