MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

深見東州さんは阿弥の生き様を目指している

深見東州さんのラジオ新番組「深見東州のぜんぶ私の歌 ぜんぶ私の話」が金曜日から始まりましたね。
私も聞こうと思いながら、つい聞きそびれてしまいましたが、あとからでも、いろいろ聞く方法があるので助かります。

深見東州さん、本名半田晴久さん、ペンネーム戸渡阿見さんについて、ときどき10人くらいいるんじゃないかとか、架空の人物じゃないかとか言われたりしているそうです。ありえないような、なんでもできる人ですから、誤解を受けやすいんでしょうね

なんでいろいろできるかというと、未完成なままでいいから、ずぅっと止めないで続けて、10年、30年、50年と先生について継続していくことが大事なのだそうです。深見東州さんは、40歳くらいから始められたものが多いようなので、まだまだ、これからもっともっと凄くなるのかもしれませんね。

 

それから深見東州さんは、室町時代の阿弥のような芸術家を目指されているとのことです。その室町期には、日本の芸術のアイデンティティーがあるとのことです。なので、日本型ルネッサンスともいえる室町期の阿弥の、どこまでも芸術を通して境地や内面性を磨くという生き方を目指しているそうです。

いろんな芸術をする人たちがいますけど、作品はその人の内面性の表れであるという人たちが好んで阿弥を名乗っていたようです。戸渡阿見というペンネームもそこに由来するそうです。そんなに深い意味がある名前だったんですね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる