MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

2015ジャパン ゴルフツアーで、 ISPSハンダグローバルカップが開催

6月25日から28日まで、深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会主催による、2015ジャパン ゴルフツアートーナメント ISPSハンダグローバルカップが開催されます。日本ゴルフツアー機構公認の日本プロゴルフツアーのひとつになるそうです。時期的には全米オープンの翌週の開催になります。全米オープンに出場する日本選手は昨年は4人でしたが、今年はどうなのでしょう。

 

現在は、男子米国ツアーの「ザ・プレーヤーズ選手権」が、日本時間の11日未明には結果が出るようですが、石川選手がトップに3打差10位タイで最終日を迎えています。ロリー・マキロイら強豪ぞろいの中ですから健闘しています。タイガーウッズも出場していますが、乱調のようです。
松山選手や石川選手がアメリカを拠点にしているため、国内の男子ツアーは寂しい気がしないでもありませんが、ISPSハンダグローバルカップで盛り上がって欲しいですね。

 

参加選手の詳細はまだわかりませんが、海外からは、2013全米プロ選手権覇者のジェイソン・ダフナーなど、13人のプレーヤーが出場するそうですから、これは凄い激戦になりそうです。

日本からは、ISPS専属プロとなった谷原秀人選手、藤本佳則選手は必ず出場するでしょう。谷原選手は日本ツアー10回優勝し、全英オープンでも5位になったことがあります。
藤本佳則選手は、東北福祉大学時代はあの松山も凌ぐ選手だったようです。プロ転向5戦目で、日本のメジャー大会である日本ゴルフツアー選手権にて初優勝し、これは日本ゴルフツアー機構発足(1999年)以降、最速のタイ記録だそうです。 2012年の賞金ランキング5位で最優秀新人賞も獲得するとても有望な選手です。ビリケンというあだ名は、深見東州さんの命名でしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる