MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

深見東州さんと長州力、武藤敬司、蝶野正洋による爆笑トークバトル

東京オリンピックに出場する各国のゴルファーが確定しました。男子日本は松山英樹選手と星野陸也選手に決まったことが報道されてました。トップ10で出場資格がありながら辞退したのは、世界ランク2位のダスティン・ジョンソンと、国際スポーツ振興協会アンバサダーの英国のティレル・ハットン選手だけのようです。

米国代表は上位に多くの選手がひしめきあっていますが、4名までしか出場できません。結局トップ20の選手のうち10名が出場するので、リオ五輪に比べると男子は非常にハイレベルな試合になりそうです。

女子は資格を有する上位選手で辞退する選手はいませんので、リオ五輪の時もそうでしたが、メジャー並みの大会になりそうですね。

男女合わせて国際スポーツ振興協会アンバサダーの選手5人が出場しますね。本当はあと3選手に出場資格がありましたが、いろんな理由で辞退していました。

[blogcard url=https://news.golfdigest.co.jp/news/pga/article/138896/1/]

[blogcard url=https://news.golfdigest.co.jp/news/lpga/article/138895/1/]

さて、本日まで開催されていた国際スポーツ振興協会主催の、「ISPS HANDA 楽しく面白いシニアトーナメント」は、スポーツコンテンツ配信サイト「応援.TV」からライブ配信されました。

こちらはまだアーカイブで視聴することができます。ゴルフファンだけではなく、深見東州さんに関心がある方にとっても、必見の映像になってますね。

というのも、最終日のトーナメント終了後に男女プロレスの2試合と、深見東州さんと長州力、武藤敬司、蝶野正洋の4人によるトークバトルが行われました。その様子を全て見ることができます。

プロレスの試合も、想像以上に楽しかったですけどね。ブル中野さんがヌンチャク持って乱入し、ジャガー横田をこづいてました。試合が終わっても挑発するジャガー横田に、ブル中野がスミマセンデシターって謝るところが面白くて笑いました。ちなみに、今の仕事で使うヌンチャクは軽いゴム製のものを使っていると、ブルちゃんねるで語ってましたけど、この試合で使ったものは木製のように見えましたけどね。

そのプロレスの試合から深見東州さんもずっと出ています。トークバトルでは意表をつく姿で登場し、30分のトークの間、ずっと笑い続けました。7時間47分ごろから始まりますから、時間の許す人はぜひそこだけでも見ることをお勧めしまします。

男子シニアの試合は、国際スポーツ振興協会アンバサダーの井戸木鴻樹選手が、2日目に-9という怒涛の追い上げで逆転優勝を飾りました。井戸木選手は、全米プロシニアゴルフ選手権で優勝した唯一の日本人選手で、現在開催中の同大会への出場権も持っていたそうです。しかし、半田晴久会長が開催する大会ということで日本に残ってプレーすることを選び、それで優勝を勝ち取りました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる