MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

明るすぎる劇団・東州の新作がHANDA .TVで上映中

深見東州さんが立ち上げ、団長を務める「明るすぎる劇団・東州」の新作を、久しぶりに見ることができました。

去年、年末のクリスマスイベントでも披露していたようですけどね。今回、HANDA .TVで、その新作「ふつうのサル」が上映されています。去年の10月ごろに、福岡市で上演されたものだそうです。

十分なパフォーマンスができる会場ではなかったようですが、思わずクスリと笑いがこぼれる演劇に仕上がっていました。初めは、例によって深見東州さん得意の言葉のギャグが連発されますが、それだけで終わるのかと思ったら、意外な展開が待っていました。そして、さらに不思議な結末で終わるという、短い作品ながら、二転三転する、なかなか凝った展開でしたね。

ちょっぴり社会の風潮に対する、風刺も効いていて、それでいて最後はハッピーエンディングになるところが、なかなかいい感じでした。途中、ミュージカル風にダンスも入ります。

興味がある人は、HANDA .TV の「福岡時計宝飾展」から、無料で視聴できますね。

[blogcard url=’https://handa.tv/#’ width=’100%’ height=’190px’]

福岡での時計宝飾展、そして「深見東州の福岡は世界一コンサート」の様子がわかる短いビデオもありました。

HANDA .TVで見る方が、しっかりとその世界を理解できると思いますけどね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる