MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

レギュラーツアーと薪能が融合する、「ISPS HANDA ガツーンと飛ばせツアートーナメント」

昨日は国際スポーツ振興協会主催シニアトーナメント開催について紹介しましたけど、その次の週も、レギュラートーナメントが、JGTOとの共催で開催されます。

こちらの「ISPS HANDA ガツーンと飛ばせツアートーナメント」は、10月28日から31日までの4日間大会として、茨城県の美浦ゴルフ倶楽部での開催になります。

美浦ゴルフ倶楽部は、霞ヶ浦に面した美しいコースで、「日本プロゴルフ選手権」「日本女子プロゴルフ選手権」など、男女のメジャー大会が開催された実績を持つそうです。「リスクと報酬」をテーマに作られた、果敢に挑むプレーヤーだけが喜びを勝ち得る難コースが用意されているようです。

そして、この大会でも、深見東州さんの驚きの企画がありました。ツアー史上初、ゴルフと薪能が融合するそうです。つまり、最終日の表彰式の時に、本格的な薪能が行われるようです。

プロレスのリングをゴルフ場に設置するのでも、相当驚きましたけどね。今回は薪能の舞台をゴルフ場に設置し、能「石橋」と狂言「棒縛」が演じられます。

しかも、シテを演じるのは宝生流の辰巳滿次郎さんと山内崇生さんで、狂言は泉流の野村万蔵さんです。いずれも重要無形文化財保持者(総合認定)です。

総合認定とは、「2人以上の者が一体となって芸能を高度に体現している場合」や「2人以上の者が共通の特色を有する工芸技術を高度に体得している場合」において、「これらの者が構成している団体の構成員」が総合的に認定されるものです。特定の個人が認定される「各個認定」になると、一般に人間国宝と呼ばれるようになりますね。

ちなみに、よくドラマや映画で活躍している野村萬斎さんは、この野村万蔵家から名跡を分配して襲名した名前になります。今回出演する野村万蔵(9世)さんも、大河ドラマや映画に出演しています。

そんな一流の能楽師3人をゴルフ場に招いて、ゴルフの試合の後に薪能を行うという企画は、深見東州さんでなければ思い付かないでしょうし、実行できないかもしれませんね。

そして、このトーナメントも入場無料で開放され、さらに来場者には4日間、先着1000人にお弁当を差し上げるそうです。弁当はいつも有名店のものしか出されないので、おいしいとの評判のようです。また、焼き芋と豚汁の食べ放題、甘酒とお汁粉の飲み放題も行われますね。

男子ゴルフ公式戦を無料で観戦し、一流の能楽師による伝統芸能の能楽を堪能し、食事も美味しいものが食べられるなんて、充実した楽しい1日になりそうです。YouTubeライブでの中継もあるそうです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる