MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

東京オリンピックに向けて課題を残したゴルフ競技

リオ・オリンピックの閉会式での、日本の演出による「トーキョーショー」の評判が良かったようですね。ゲームやアニメなどもたくさん取り入れての演出は、見ていて楽しかったです。安倍マリオにはびっくりしましたけど、首相も東京オリンピックをアピールするために行っていたんですね。

日本文化というと、アニメや漫画などのサブカルだけでなく、ファッション、グルメ、音楽などにおいても世界的に知られるものがいくつもあります。また、伝統文化や歴史の中にも、世界の関心が高いものがあります。そして最新テクノロジーを活かしたロボットや新幹線なども、日本の特徴ですから、そういうものの中から、素晴らしい演出が東京でも期待したいですね。

 

リオ・オリンピックの閉会式

ところでそのリオ・オリンピックで最後まで気になっていた女子ゴルフ競技は、朴仁妃選手が逃げ切って金メダルを獲得し、リディア・コ選手が銀メダルという結果になりました。日本の野村敏京選手も、よく追い上げて4位タイまできましたけど、一歩メダルには及びませんでした。惜しかったですね。でも、ゴルフ関係以外のメディアにも取り上げられていましたので、日本のゴルフの存在感を少しでも示せて良かったのではないかと思いました。

 

深見東州さんも、日本のゴルフ界の将来のことをいつも思ってあるようですし、また、オリンピックと並んでパラリンピックの種目にも、ゴルフ(障害者ゴルフ)を加えていけるようにと努力されているそうです。

そのためにも、まず、今回のオリンピックのゴルフ競技が成功すると良いなと感じてました。世界的に見ると、圧倒的に男子ゴルフへの関心が高くて、女子ゴルフはその陰に隠れ気味ですけど、今回のオリンピックの女子ゴルフでは新旧女王2人の争いとなり、実力通りの展開となって見ごたえがあったと言えそうです。また、アジア系の3選手が上位を占めましたので、現在の世界女子ゴルフの現状そのままが、オリンピックの結果にも現れましたね。

 

男子は世界ランキングのトップ4を始めとする、多くの世界ランキングの上位選手が辞退する中で、英国のジャスティン・ローズ選手が、スウェーデンのヘンリク・ステンソン選手をかわして金メダルを獲得しました。こちらも実力のある選手が力を発揮しましたが、世界の強豪がそろう4大メジャーに匹敵するようなゲームには程遠かったような気がします。

そういうことで、選考方法や競技方法も含めて、いろいろな課題を残したように思いました。次の東京大会までは4年間ありますので、じっくりと良い形になるよう練り直す必要がありそうですね。

 

深見東州さんは東京オリンピックが決まる少し前に、国際スポーツ振興協会と世界開発協力機構の共催で、スポーツ平和サミットを東京で開催されました。その時に打ち出された、スポーツの力というものが、オリンピック選考のプレゼンにも大きな影響を与えていたように思います。オリンピック開催国を決める最終選考のブレゼンでは、東京で開催するいろいろなメリットや意義が語られました。その中でも、スポーツの真の力についても多く語られていました。

 

安倍首相は最後に、「東京を選ぶということ。それはオリンピック運動の信奉者を、情熱と、誇りに満ち、強固な信奉者を、選ぶことにほかなりません。スポーツの力によって、世界をより良い場所にせんとするためIOCとともに働くことを強くこいねがう、そういう国を選ぶことを意味するのです。」という言葉で締めくくりました。

竹田恆和さんも、スポーツがいかに多くのことを教えてくれたか、そしてそのスポーツの価値を、オリンピックの価値を伝えていかなければならないかを熱く語っていました。パラリンピアンの佐藤真海選手も、トップに登場して、スポーツによっていかに自分が救われたか、スポーツが人生でいかに大切な価値を教えてくれたかを情熱的に語りました。それらは、とても説得力のあるテーマでしたし、スポーツ平和サミットでも語られていたことでした。

 

東京オリンピックの前には、東京でスポーツ平和サミットをまた開催してもらいたいですね。スポーツの価値や、世界が取り組む様々な社会への貢献とスポーツの推進について、意見交換をすることは、東京オリンピックに向けてその意義を伝え、価値を高め、成功につながるように思います。そして東京オリンピックの開催によって、後々まで良い影響を世界に与えることができると良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では、やたら動物の出現が話題になっていましたね。海外では、ワニが出たりするのはそこまで珍しくないようですけど、日本のゴルフ場ではありえませんからね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる