MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

3/17舞浜アンフィシアターでの「深見東州と、友人たちのコンサート」を観に行ってきましたよ。とっても素晴らしいステージを、心ゆくまで堪能できました。日本でも、こんなコンサートが見れるなんて最高ですね。とにかくメンバーが豪華すぎです。

今回も深見東州さんのおかげですね。ドミンゴやルネ・フレミングのコンサートも貴重なものでしたけど、今回はそれに勝る貴重で希少なコンサートになったと思います。

 

メラニー・Cは、ステージの動きもさすがきまってました。スパイス・ガールズ時代の曲も歌ってました。とにかくかっこよかったですねー。

 

スパイス・ガールズの中でも、音楽的にはひときわ輝いていたメラニー・Cですが、ソロになった後も活躍していますね。やはり歌が上手いです。

これは、スパイス・ガールズのデビュー曲ですが、これも当日歌っていました。

 

ところで、メラニー・Cとピーター・セテラとデービット・フォスターは、16日のバンコクでのコンサートからそのまま来たそうですが、ピーター・セテラとデービット・フォスターは、バンコクで食べ物にあたってしまったそうです。それで、少し開演時間の遅れになったのかもしれません。

ピーターは、バンコクからガールフレンドを連れてきたんだと、デービットとやりとりしながら、その名前がヴィールスって言うんだよとジョークを言ってました。2人は見事に細菌にやられてしまっていたようです。

ピーター・セテラはハイトーンで歌いますから、お腹に力が入らないと歌えないでしょうし、冗談言ってる場合じゃなかったのかもしれませんが、なんとかしっかり歌ってくれました。デービット・フォスターは全く元気で、平気そうに見えましたけどね。

「Hard To Say I’m Sorry」「Glory of Love」は、ピーター・セテラとデービット・フォスターなど3人による共作で、デービットのプロデュースですが、シカゴ時代を含めてヒット曲をたくさん持ってるので、もっと聞きたいと思った人も多かったでしょう。ピーター・セテラへの拍手もひときわ大きかったです。

 

キャサリン・ジェンキンスは、安倍首相が彼女のファンなのだそうです。そのことに感謝をしていました。安倍さんも癒されるんでしょうね、キャサリンの素敵な歌声には。私もなんだか癒されて、気持ちいい気分になりました。

この日は、「オペラ座の怪人」や「ジュピター」などを披露して、大きな喝采を浴びました。声が思ったより太いというのかしっかりした声ですね。お顔はとてもチャーミングで可愛らしい方ですけどね。そして気さくな感じで、歌も雰囲気も、人を惹きつける華がある人だなーと思いました。

クラシックがとても好きというキャサリンは、深見東州さんとも気が合いそうですね。深見東州さんの、イギリスのハーリー王子とレソト王国の王子が一緒に立ち上げた慈善団体への支援にも、とても共感を示すバースデーメッセージを、この後に開催された個展の時に見ました。

 

ケニー”ベイビー・フェイス”エドモンズは、反対に声質は軽いというのか細い感じですが、オシャレなムードのとてもいい感じの声ですね。聞き惚れていました。客席まで来てくれたり、ハイタッチもやってくれるサービスぶりでした。

 

ステージ後ろから撮ったものですね。

 

こららは、2008年のデービット・フォスターのコンサートです。ベイビー・フェイスが甘い大人の歌を聴かせてくれます。

 

そして、深見東州さんですが、今回ははじめに出てきて、日本とニュージーランドのピアニストの伴奏で数曲まず歌われました。深見東州さんの持ち味が出ている、「早春賦」や「マジンガーZ」など、たっぷりと聴かせてくれました。

 

そして、途中で再び登場されて、今度はデービット・フォスターやバックバンドの演奏で、「サマー・タイム」「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」「ダニー・ボーイ」などを歌いました。リハーサルは今日だけでしょうけど、フォスターとのピアノと見事なほど息があっていて、素敵だなーって思わず身震いしてしまいました。

そしてこの日の最後に、出演者と客席のみんなで、深見東州さんのバースデーを祝して歌いました。深見東州さんは、長いナイフを日本刀のように振り回してケーキカットをされてました。

 

そしてみんなで「イマジン」を熱唱し、アンコールでは、「オー・ソレ・ミヨ」を深見東州さんが歌い、デービット・フォスターが、最後は、インスト曲で素敵に締めくくりました。もう、お腹いっぱいになるほど大満足しました。幸せな余韻に、いつまでも浸っていたかったですけどね。

デービット・フォスターは、とにかくお話が上手で、どんどんコンサートを盛り上げていきました。登場すると、オリンピック映像を見ながらカルガリーオリンピックテーマ曲で始まり、過去に作曲した曲を次々に弾いてくれたりもしました。あれもこれもデービット・フォスターの曲なんだなって思いましたね、改めて。

最前列に座っていた、デービットからミスターTさんと名付けられた人は、何度も話しかけられていて、そのたびに場内が笑いに包まれていましたね。デービットは気さくでフレンドリーですね。けっこうそのやりとりが面白くて、楽しい人柄の良さが滲み出ていました。

 

同時通訳があったので、それは大成功でしたね。

そしてサプライズもあり、客席に向かって、「ここにグレートなシンガーはいないかな」と呼びかけると、一人の女性が紹介され、ステージにあげられて「アメイジング・グレイス」を歌うということがありました。

そちらが、この下の人で、歌手デビューもされていた人でした。とても上手でしたからね、大きな拍手で迎えられ、結局そのあとも、ホイットニーのこの曲歌えるかと聞かれて、もう一回歌ってくれました。アメリカのタレントオーデション番組でも見てるような気になりましたけどね。この方、これからも頑張って欲しいですね。

 

 

ということで、素晴らしいコンサートありがとうございました。

深見東州さん、お誕生日おめでとうございます。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる