MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

みすず学苑の新作テレビCM(2016)解禁

みすず学苑の新作テレビCMが登場していました。

2016年 みすず学苑CM るろうに編

2016年 みすず学苑CM 怪人編

相変わらずのテンションの高さには、ものすごいものがありますね。よくわからない怒濤の勢いは、ますます健在で、パワフルなことこの上ありません。

今回、怪人編では、いろいろと訳がわからない怪人っぽい人が登場し、これも顔によく分からない謎のペインティグがあったりと、なんだか混乱します。ものすごいビームが今回から登場していますが、プリンや縄文太郎、そしてあのヤマトタケルは、いったいどうなったのでしょう。イメージチェンジなのでしょうか。その辺り謎が残りますね。

と、思っていたら、ポスターの方にはしっかりとヤマトタケルが登場してました。プリンも飛んでます。ちょっと安心しました。どうもヤマトタケルのキャラが「ヤマトタ毛深いノミコト」になったようですね。

もう一つのるろう編には最後に登場してましたね。イメージ変わったので気がつきませんでした。同じ人なのかな?声が違ってるような。

 

他にも講師紹介などが、なぜか今頃になってネットで話題になってたようですね。あの紹介は凄まじいですから、わかりますけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、こちらのブロガーさんの記事が、なかなか面白かったですね。

毒舌!ゆるキャラ図鑑 縄文太郎(ゆるキャラ図鑑No.93)
20160206152005

そこでは「校舎がチープなのはなぜ?」「教材がチープなのはなぜ?」「みすず学苑は宗教団体なの?」と誰もが気になる、しかしなかなか聞けない領域へ、敢然と踏み込んでくれています。特に最後の質問なんかは、普通ならかなり聞きづらいところです。
なお、宗教との絡みについては、「全くの無関係ではないが、教室で洗脳活動その他アブナイことが行われているわけではない」というのが一応の結論です。
学苑長の半田氏は、たしかにワールドメイトなる宗教団体を運営しているようですが、授業内での宣伝、加入の強要といったことは行われていないようです。ネット上のその他情報を見た感じでも、「授業自体は普通」という意見が散見され、アブナイことが行われた形跡は見当たりません。
あくまで、「教育は教育」「宗教は宗教」と別建てなのです。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる