MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

深見東州さんの絵画はなぜカラダによいのか

IMG_ART

深見東州さんのアート系の広告が新聞に掲載されていました。毎年、ここに載っているようなアートカレンダーを発売されてますが、これは深見東州さんの描いた絵画を使ったものです。毎年購入してますけど、絵の質が年ごとに上がっているなぁと感じますね。独創的な感性は昔からそうですが、色使いの絶妙な配色と鮮やかさにも特徴があり、それに加えて、つよーく惹きつけられるような絵画が多くなりました。

美術評論家が推薦文を書いてますが、「”東州画”は、なぜカラダによいのか。深見さんの画面には、純度の高い空気が通っている。空気と空気の隙間を色や線が吹き抜け、独自な形象となって深い余韻を残す。壁にへばりついたような絵では、もう時代遅れだ。それには表現者自身が、真に自由を謳歌する人間でなければならない。さすらいの詩人や歌人や俳人のように。」ということです。

 

「自由なる心が何でも創造するルネッサンスマン!!」というタイトルにも、深見東州さんの芸術の精神が現れていますが、これまでの絵画や芸術作品をしっかりと学ばれながら、それに全くとらわれないオリジナルな作風を完成されてますね。完成といっても、まだ進化の途中なのかもしれませんけどね。

あと蛇足ですが、ここに載ってる商品を全て購入した人にはもれなく「深見東州のギャグ888連発」がもらえるそうです。全部はさすがにハードル高そうですけどね。

でもこのギャグ集はいけますね。本当に笑えました。初めて見るとかなり驚きますけどね。これを見るだけでも、深見東州さんは型にはまらない人だとわかりました。また、妙なプライドやこだわりもなくて、自由な心で次々とギャグを創作されているのだとわかりました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる