MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

WSD世界人権サミットで感じたこと

WSD世界人権サミットが、昨日東京ビッグサイトで開催されました。7階の会議室は1000人くらいのキャパでしょうか、時間には満員になってました。そして、入れなかった人たちは、1階の広いモニター室で視聴できたそうです。終了した後は、わざわざ1階のあぶれた人たちのところにまで行ってご挨拶され、お話されたようです。深見東州さんらしい、細やかな心遣いですね。

 

また、今回のサミットはとても深刻なテーマを扱うものでしたが、たまに横道に入る深見東州さんの小話で、会場の雰囲気も固くならずにリラックスして最後まで聞けたように思います。そういう細かい演出や場の流れを掴んで臨機応変な進行につなげるところは、今まで開催されたサミットでもそうでした。学ぶものは多いですね。

 

そして、人身売買という極めて深刻な問題について、今回のサミットのおかげでずいぶんと実態がわかってきました。というより何もしらなかったことを恥ずかしく思いました。テレビなどで、最近ヨーロッパの難民の人たちの様子がよく報道されていますけども、苦労してドイツやフランスにたどり着いたという涙を誘う姿が報道されてますね。確かに大変なことだなと思いますが、そこに来た人はまだいいとしても、ほとんどの難民は移動するために犯罪組織の助けを借りてしまうそうなので、その過程で人身売買という残酷なことに巻き込まれてしまった人のことは、ほとんど報道されません。というより、そこまでわからないのかもしれません。

 

0151129at13_p

トルコからエーゲ海を経由し、ギリシャ東部のレスボス島に到着したシリア難民

最近は、中国で人身売買の大規模な組織が摘発されたとか、テロを起こしたとか、そういうニュースもありましたけど、毎年多くの弱い立場にいる子供や女性や男性が、あらゆる人身売買の犠牲になっていることは、ほとんど知られてないことに気がつきました。私たちの知らないところで、毎年何百万人もの人たちが強制労働に就かされ、臓器売買のために殺され、性的虐待や売春の強要にあっているのは、アメリカでは現代の奴隷制度とまで言われているそうですが、もう奴隷以下としか思えないような非人道的な犯罪です。まずは、そうした実態をみんなが知り、そうして、撲滅に向けての機運を作らないといけないんだなと思いました。そういう意味で、今回のサミットの意義は大きかったと思います。こういうものこそ、テレビとかでも取り上げて欲しいですね。

ネットから参加した人の声を拾いました。

 

東京ビッグサイト、にて「WSD世界人権サミット」が開かれ~てました。非公開の第1部のセッションから招待されて行ってました。 元ASEAN事務総長のオン・ケン・ヨン、オリンピック競泳金メダル5個獲得しているイアン・ソープ、元外務大臣の高村正彦さんや、全外務副大臣の城内実さん、また多くの国際弁護士が集まって一同に「人身売買」「奴隷問題」に関しての話し合いを行いました。 . いろいろ書きたいことは山ほどあるけれども、1番は、やはりこういった問題を認識し、存在を認めること。また国際問題として取り上げられてるといっても、ASEANなどの機関をはじめやはりlocal、地元が1番に考えて行動を起こさなければいけないこと。 「誰でも世界を変えることができる」とイアンソープ。 「一人一人やらなければならないことがある」とヴァレリーエイモス。 . がーーーーー!思いが募る。他国に比べると、日本人はまだまだ認識不足だね。自国で起こってないからかな、所詮国際問題だからかな。無知は怖い。勉強して知っていかないとね、 誰にも見せないし教務課に提出するわけでもないけどレポート書こうかな。うん、書こう。まとめたい欲が…かたかたかたかた。 大変貴重な経験でした。誠に、本当に。 . .

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる