MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

第6回「ジュリアード音楽院声楽オーディション」本選

今日と明日は、深見東州さんが会長を務める世界芸術文化振興協会主催、ジュリアード音学院共催による、「ジュリアード音楽院声楽オーディション」が開催されています。

才能ある日本の若い声楽家に、ジュリアード音楽院で学ぶ道を開いてあげることは、世界的な声楽家に育っていく夢を抱かせますね。日本人でジュリアードに入学した人は何人もいますが、声楽ではあまり聞きませんけど、ヴァイオリニストの五嶋みどり、諏訪内晶子、ピアニストの中村紘子もそうですよね。エリート中のエリートだけが入学できる大変な狭き門で、世界最高峰の水準の指導がなされています。

 

現在、第1回目のオーデションで最優秀賞を受賞し、ジュリアード音楽院声楽家に進み、さらに大学院オペラ専科に進んだ大西宇宙さんが、アメリカで活躍しているそうです。現在はジュリアードを卒業し、シカゴ・リリック・オペラの研修所に合格した後、今年の5月からは同劇場のアンサンブルとして契約したとのことです。

カーネギーホールにもバリトンソロで出演したり、そして9月から始まるシカゴ・リリック・オペラの新シーズンで、複数の舞台の出演が決まってるそうですから、もう始まっていますね。シカゴ・リリック・オペラはアメリカでは3大オペラハウスと言われ、そのホームは、3500人以上が収容できるメトに次ぐ巨大な劇場だそうです。マリア・カラスのアメリカデビューとなったオペラハウスとしても有名で、また、あのパヴァロッティを、キャンセルが多いというので出入り禁止にしたことでも有名だそうです。

1516_Season_template_1070x530
シカゴ・リリック・オペラ(lyric opera of chicago)

大西さんのツイッターから。

NYオペラ界を沸かせる大西宇宙って?- ニューズウィーク日本版
「彼は将来を約束された才能の持ち主だ」――世界中から若き才能が集まるニューヨークで、オペラ指揮の巨匠リチャード・ボニングにそう言わしめた日本人のバリトン歌手がいる。

 

大西さんの今後のご活躍を期待しています。
さて、「ジュリアード音楽院声楽オーディション」ですが、USTREAMでその様子が放映されています。本日の放映は終了しましたが、明日も14:00-18:00 、21:00-22:00でライブ中継される予定です。深見東州さんも、主催者代表として、最後に挨拶に出てこられるかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる