MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

プラシド・ドミンゴと深見東州さん、東京国際コンサートのリハーサル風景

深見東州さんとプラシド・ドミンゴのコンサート前日のリハーサル風景がありました。なにかドミンゴのもとで、深見東州さんが歌っているようです。今回は、ドミンゴが音楽監督を務めてますが、リハーサルにも余念がないですね。少しでも良いものを聞かせようと、妥協せず、手を抜かない姿勢を感じます。
CNYh-min
それから、東京国際コンサートの前には、北京でオベラを主演してきたようです。そのリハーサルの様子も見られます。さらにその前は、思い出のふるさとメキシコでも歌ってきたようです。
そして、東京コンサートの次は、マカオにさっそく飛んでいます。とにかく世界中からひっばりだこなのでしょう。そのハードスケジュールをこなすドミンゴの音楽にかける情熱はすごいですね、心からオベラが好きなのでしょうか。
それに、70代半ばとは思えないスタミナにも驚きです。この調子で、世界中を飛び回りながら、ロサンゼルス・オベラでは芸術監督を務め、指揮者としても活躍しているようです。いったいこのスーバー・テノールは、どこまで芸術へのチャレンジを続けていく気なのでしょう。深見東州さんもそうですが、本当に驚異的な人が世界にはいるものです。

こちらはメキシコでのコンサートです

北京で、オベラ「シモン・ボッカネグラ」の衣装を着ているようです

こちらは、そのリハーサルでしょう。

東京コンサート出演のヴァージニア・トーラとミカエラ・エステと

深見東州さんとのリハーサル風景

もうマカオに到着ですか。休む間も無く、忙しい方ですね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる