MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

プロアマ出場を目標に頑張るブラインドゴルファー

 

ISPSハンダグローバルカップの余韻が冷めやらぬ中、きょうも新聞記事と、海外選手のツイッターを紹介します。
最終日は、とても良い天気に恵まれたおかげで、富士山が遠望できたようです。写真に写ってますよね。面白いのは、ダフナー選手が、電動式カートを気に入ったようで、動画サイトにあげていました。たくさんの人が見ているようです。有名選手がツイートすると、あっという間に世界に拡散されますね。

ポールター選手もツイッターをかなり使ってますね。期間中、もっとも発信していたかもしれません。深見東州さんとのスナップショットなども、いくつか流れていました。

 

海外ゴルフファーの皆さん、総じて、日本を気に入ってくれたようです。前夜祭でも、楽しい企画でおもてなしをされてましたし、ミス日本も着物を着て会場に花を添えていたようです。そういう選手たちを交えての交流も、非常に大事なことですよね。海外選手も、一人一人が外交官というつもりで、いろいろな国へ行くそうです。なので、みんな社交的で、お話も面白いし、しっかりしているそうです。

 

IMG_2ert
スボーツ報知 2015年6月30日

 

ところで、プロアマ大会では、深見東州さんが、ずっとサポートしているブラインドゴルファーや障害者ゴルファーを招いて、プロと一緒にラウンドしたそうです。ブラインドゴルファーたちは、プロと一緒に回ることを、一つの大きな糧にして、一生懸命練習しているそうです。素晴らしい取り組みですよね。

また、プロゴルファーたちも、驚きとともに、新たな新鮮な気持ちになるようです。特に最初はびっくりするそうですね。目が不自由なのに、それを感じさせないほど、しっかりとプレーする姿に感動するそうです。そして、最終的には、バラリンピックに障害者ゴルフが採用されるよう、働きかけてあるそうです。おそらく、深見東州さんがされていれば、大丈夫でしょう。

それでは、海外選手のツイッターなどを見てみましょう。世界に向けて発信されています。

 


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる