MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

東京国際コンサート、ホセ・カレーラス、ずっと聞いていたい

感激でした。ホセ・カレーラスの歌を生で聴けるなんて。

CDや動画で見るのとは違う、なんというか、これが3大テノールの実力というものでしょうか。歌は、知らない曲が多かったのに、涙がジワ~っと、からだは感動で震えますし、終わったあともしばらく放心してぼーっとしていました。

しかも、あんなに何回もアンコールに応えてくれるなんて、ホセ・カレーラスって、なんていい人なんでしょう。

そして、かっこいい。シルバーグレーの髪もヨーロピアンスタイルのスーツもきまっていて、渋く洗練され、まったく69歳なんかに見えませんでした。声も40代のツヤのある声です。本当に素晴らしい歌を聴かせてもらいました。

 

p5-ifac-b-20150623-870x579

 

抽選に落ちたホセ・カレーラスのファンという知り合いから、ホセは必ず空調を止めて歌うから、夏は暑いかもよと聞いてましたが、暑苦しい温度にもならず、快適でした。おそらく新国立劇場のおかげかもしれないですね。

ところで最後の方で、深見東州さんとコナル・コードさんと3重唱で日本歌曲などを歌われました。しかし声の美しさと響の良さは、深見東州さんも素晴らしい、負けてないですね。やはり日本には希少な、そうとうな声楽の歌い手だと思います。よいしょなんかではありませんよ。最後に一緒に歌われたときにそう感じました。私の個人的な感想ですけどね。

 

それから、このような世界最高峰の歌唱を楽しむ機会を与えてくださっているのですから、そのこともありがたいですね。パンフレットには、深見東州さんの日本のクラシック界への愛情と、発展を望む熱い思いあふれる文章がありました。また、それを読むと、正しいクラシックの聞き方がよく理解できた気がしました。ここまで具体的に説明できることに、わたしなんかは感心してしまいます。芸術やクラシックの本質をしっかりと理解している人にしか書けない内容だと思いました。

これからも、日本のクラシック界に良い刺激と影響を与えてくれるイベントを期待しています。

それでは最後に、ツイッターでの評判を少し見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる