「ホセ・カレーラスと深見東州となかまたち」によるガラコンサート

今年の東京国際コンサートには、ホセ・カレーラスが主賓ゲストとして登場します。なにか東京国際コンサートは、超大物スターが毎回来てますね。

華やかな3大テノールの時代からすると、まだ、その後に続くような大物は現在いないようですが、それだけ3大テノールの3人が偉大だったというとこでしょう。その中の一人、伝説を作ってきたホセ・カレーラスと、主催者である世界芸術文化振興協会会長であり、日本屈指のバリトン歌手の深見東州さんと、その友人であり、ニュージーランド屈指のバスであるコナル・コードさんの、3人によるガラコンサートが、今夜、新国立劇場のオペラパレスにて開催されます。

すでに抽選は終わっていて、1600人ものクラシック好きな人々が、参加する予定のようです。

私も抽選なので無理とおもって、はなから期待せずに待っていたのですが、なんと当たってしまいましたので、今から行ってきます。なにか、無料で、こんなに素晴らしいコンサートに参加していいのかしらとも思いますが、そこはあつかましく、主催されるIFACさんや深見東州さんに感謝しつつ、行ってきます。あぁ、幸せ~。

 

IMG_253

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG