MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

お台場が揺れるほどの盛り上がりで、ジュリーをほうふつ

こちらは、今月の8、10日に開催された深見東州「グループサウンズ&フォークの一人祭典 & 全部オリジナル曲コンサート」の新聞記事です。

8日は、グループサウンズやフォークの、往年の大ヒット曲、熱狂した曲を選んで歌われたと思ってましたが、深見東州さんによると、意外な曲が今も新しく素敵だとわかったそうで、そんな曲を選んだそうです。

 

IMG_dey
デイリースポーツ 2015/4/17

 

ところでフォークというと、私の父が岡林信康を聞いていたのを思い出してしまいます。私は、あの人の音楽は苦手でしたけど、小さい頃よく聞かされたせいで、今でも覚えています。深見東州さんも、岡林は歌われず、吉田拓郎を歌われてました。

正直いうと、グループサウンズもフォークもそれほど知らないんですが、「あの素晴らしい愛をもう一度」や、「花嫁」は好きな曲でした。たしかに今聞いても古く感じないですよね。あと、「翼をください」という曲が、とても素敵な曲でした。

 

アンコールでは、お台場が揺れるほどの盛り上がりと記事に書かれてる通り、すごい盛りあがりでラストを締めくくられました。また、”ジュリーほうふつ” と書かれてますが、「君だけに愛を」を2回続けて歌われたときが、一番盛り上がりのピークでしたね。すごかったです。

 

10日は、深見東州さんのオリジナル曲を、ピンクレディー風、忌野清志郎風、さだまさし風、きゃりーぱみゅぱみゅ風、中島みゆき風に歌われました。一曲一曲が、どれも素敵な印象に残るメロディーで、歌詞もおもわず口ずさみたくなる親しみのある歌詞で、全部いいですね。4時間近くにわたって、ハートをわしづかみにされてしまいました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる