MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

演歌とオペラの最強兄弟のコンサート

小林旭さんと深見東州さんが共演した、「進撃の阪神 巨人演歌コンサート」を見てきました。渋谷公会堂に行くのは初めてでしたが、なかなか感じの良い会場でした。そして観客は2200人くらいでしょうか、びっしり満席でした。

時間通りに深見東州さんが登場すると、いきなり場内がどよめきました。黄金色のきらびやかな衣装に皆驚いたからでしょう。しかし今日は演歌ですから、これくらい華やかで派手な衣装のほうが舞台に映えますね。そして一着ではなく、コンサートの間に5着くらい着替えられたと思います。

 

歌の方は、演歌のなかから選りすぐりのものを、一曲一曲じっくりと聞かせてくれました。時に甘く、時に力強く、歌によって歌唱方法を微妙に変えながら、ていねいに心を込めて歌い上げられ、どれも引きつけられる魅力に溢れていました。曲についての詳細は、新聞記事をご参照ください。

とにかく演歌が好きな人はもちろん、そうでもない人でも楽しめる、演歌の醍醐味を十二分に堪能できたと思います。花で作ったシャンシャンも、コンサートにいっそうの華を添え、特に最後の2曲は総立ちで、熱狂的なアイドル公演のように思い切り盛り上がりました。

次回に、小林旭さんのことも書きたいと思います。

スポーツ報知 2014/11/20

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる