MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

タイガー・ウッズも受賞、2019 ISPS HANDA GWAAディナーが開催

男子ゴルフは、現在マスターズが開催されていますね。木曜から予選が始まりましたけど、水曜や火曜には、前夜祭のような楽しいイベントも開催されていて、華やかなムードで大会を盛り上げているようです。

以前深見東州さんが、グローバルカップを日本で開催していた頃は、前夜祭を華やかに開催していましたけどね。あのようなセレモニーは、欧米のツアーでは行われていても、日本ではあまり見ない光景でした。ゴルフ文化の違いなんでしょうけどね。マスターズの前に開催されるパー3コンテストで、出場選手と家族が楽しそうに回ってるニュースを見ましたけど、ゴルフファンも選手の家族もとても楽しそうでした。日本でもそういうのがあってもいい気がしますけどね。

 

 

 

ということで、試合は進んでいるようですが、今日は国際スポーツ振興協会がスポンサードしている、全米ゴルフ記者協会によるアワードディナー(GWAAディナー)のことを紹介しますね。

これは協会メンバーによって選ばれた、前年に活躍したゴルファーたちに各賞を授与するパーティになりますね。毎年この時期に、マスターズが開催されるオーガスタで行われているようです。今年も、マスターズ予選開始前日の4月10日に行われていました。

 

こちらはシニアプレー賞を受賞したベルンハルト・ランガー選手ですね。ISPS HANDA と書かれたリボンが見えます。

 

こちらは女子年間最優秀選手に授与される賞です。2018年は、アリア・ジュタヌガーン選手が2016年以来の2度目の受賞を手にしました。ちなみに2017年はレクシー・トンプソン選手が、2015年はリディア・コ選手の受賞でした。

 

2018年、男子の年間最優秀選手は、ブルックス・ケプカ選手が受賞しました。昨年はジャスティン・トーマス選手でした。

 

タイガー・ウッズ選手も出席していました。ベン・ホーガン賞を授与して、スピーチをしていますね。

 

 

 

そのタイガー・ウッズ選手は、今年12月、オーストラリアで開催されるプレジデントカップの米国チームキャプテンに選ばれています。ちなみに、世界選抜チームのキャプテンは、ISPS HANDAアンバサダーに就任したアーニー・エルス選手が選ばれていました。そして、プレジデントカップを国際スポーツ振興協会がスポンサードしているそうです。

日本選手は松山英樹選手の出場は確実でしょうけど、今回は、もう1人くらい選ばれて欲しいですよね。2年前は、谷原秀人選手がギリギリまで選出されそうでしたけど、惜しくも落ちてしまいましたから。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる