MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

ヒルトンお台場で「クリスマス・第九とメサイア展示会」が開催

年末といえば、やはり第九ですかね。今年の東京芸術財団主催のクリスマスコンサートは、第九とメサイアのコンサートを行うそうです。オケと合唱を入れて、ソロパートはバリトンに深見東州さん、テノールに所谷直生さん、ソプラノに大貫紘子さん、アルトに竹本節子さんが出演する、聞き応えのあるコンサートになりそうですね。

なぜか日本では、年末の風物詩の様になっている第九ですけど、12月後半は、サントリーホールをはじめ、今年も各地でたくさんの第九の演奏会が予定されていますね。新型コロナの影響で、今年はクラシックコンサートも大打撃を受けました。来年に向けて力強い回復の兆しになるといいですね。

深見東州さんが出演する「クリスマス・第九とメサイア展示会」は、一足早く、今週12月11日から15日まで開催されます。第九コンサートは12日土曜日の19時からになってますね。オペラ・ガラ&第九コンサートになってますから、時間的に第九の第4章だけになるのかもしれません。そして、他にもオペラのアリアなどを歌われるのではないかと思います。

深見東州さんがリリースしたアルバムには、第九の演奏会のライブCDもあります。このコンサートのことは知りませんが、 アルバムがApple Musicにあるので、何度か聞きました。

この時は、東京ニューフィルの演奏で、ソプラノが小林菜美さん、アルトがイリアナ・ボドナラスさん、テノールに大間知覚さん、そして深見東州さんがバリトンで出演しています。

合唱はアルプス合唱団で、2006年の8月に開催されたコンサートのようですが、贔屓目じゃなく、なかなかの傑作じゃないかと思います。深見東州さんのバリトンの声が若くてクリアです。どのソロパートもいいですね。ドイツ系の歌手が歌っているものより、暑苦しくない感じが好きです。ライブ録音ですので、合唱の音を完全には拾いきれてない気もしますが、聞いてて疲れませんし、ほとんど気にはなりません。

そして、13日(日)は、メサイアコンサートになってます。こちらも長いですから、抜粋になるのかもしれません。

14日(月)と15日(火)2日間は深見東州のクリスマスポップスコンサートになってます。クリスマスにちなんだ歌は必ず歌うと思いますが、あとは、何が飛び出すかわかりませんね。

初日の11日だけはコンサートがありませんが、先月のゴルフ会場でもポールアクロバットダンスの技を披露しためりこさんや、中国雑技団、世界的なジャグリングの桔梗プラザーズらが出演するそうです。

今年もヒルトンお台場で、株式会社ミスズ共催による、時計やジュエリーの展示会と同時開催で行われます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる