深見東州(半田晴久)さんがわかるサイト

深見東州 (半田晴久) さんを知りたい人のために

メニュー

2017ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーは、カルメンを上演中

14 views
約 1 分

今年も、ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーが3月24日(金曜日)から4月23日(日曜日)までの予定で始まりました。

ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーは、深見東州(半田晴久)さんが会長を務める世界芸術振興協会と、ニュー・サウス・ウェールズ・デスティネーションの支援により、2012年からシドニー湾に特設ステージを作って上演される、オペラ・オーストラリアによる野外オペラ公演です。

ニュー・サウス・ウェールズ・デスティネーションというのは、シドニー市があるニュー・サウス・ウェールズ州の政府組織で、2011年に設立されました。ニュー・サウス・ウェールズ州における観光やイベントを促進するための支援をしていて、世界クラスのイベントの企画・実施においてシドニーを世界の最前線に立たせるけん引役となっています。

一連のイベントによりシドニーを訪れる観光客は毎年600万人を超えるそうです。その経済効果はおよそ64億豪ドルと推定されています。

 

オペラ・オーストラリアは、オーストラリアの国立オペラ歌劇団で、シドニー・オペラハウス専属オペラ団体として、世界の10大オペラ団と言われています。ここに2009年から、リンドン・テラチーニ氏が芸術監督として就任します。リンドン・テラチーニ氏は、世界芸術文化振興協会(IFAC)会長の深見東州(半田晴久)さんが、オーストラリアに設立したIFAC-Australiaの会長を務めています。

リンドン・テラチーニ氏は、オペラ団とオーケストラが全世界的に憂慮すべき速度で終わりを迎えようとしているが、我々は変化することができるはずであると語り、オペラ・オーストラリアが生き残るためには変わらなければならないと述べたそうです。

また、大胆な演目を選択すれば、批評家達が非難する理由にもなるが、聴衆との真の結びつきをもたらすことになると述べて、より幅広い聴衆に訴える演目を目標にしたそうです。その情熱が、その後シドニー最大の文化イベントとなる、ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーとして結実したのでしょう。

 

最近の海外の雑誌では、セレブが見るべき世界のイベントの一つとして紹介されたそうです。

第1回目となる2012年は、「ラ・トラヴィアータ」が上演されました。翌2013年には、ゲイル・エドワーズ監督による「カルメン」が上演され、いづれも4万人規模の観客を動員したそうです。オペラ・オーストラリアの「オペラをもっと身近に」のスローガンの下に始まり、あっという間にオーストラリアで開催される最も人気の高い文化イベントのひとつとなり、数々の賞も受賞したそうです。

さらに2014年に上演された「蝶々夫人」は、野外オペラとして高い評価を受け、毎晩3,000人あまりが鑑賞し、大成功を収めました。タイム・アウト誌は、「オペラ・オーストラリアの3年目のハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー公演は世界的な大成功を収め、世界各地で今まで上演された野外オペラで最も壮麗なものの1つ」と評していました。

 

深見東州さんも、数万席のチケットがすぐに完売したことを言われていましたね。深見東州さんは、オペラ・オーストラリアの名誉総裁にも就任されています。またゲストアーティストでもあるそうです。

そして2015年は巨大な王妃の顔を製作して話題になった「アイーダ」、さらに昨年2016年は、火を噴く巨大なドラゴンが舞台に登場する「トゥーランドット」が上演されました。

 

[kanren2 postid=”1104,1096″]

 

そして今年は、再びゲイル・エドワーズ監督による「カルメン」が上演されていました。

カルメンを演じるのは、スペインのカターニャ出身のホセ・マリア・ロ・モナコと、シアン・ペンドリーというメゾソプラノです。

まだ、始まったばかりですが、少し様子を紹介します。

タイトルロールを演じるホセ・マリア・ロ・モナコさんは、小柄な美人メゾですね。

 

Handa Opera’s CARMEN spells out the opera in fierce red against the backdrop of Sydney Harbour (Performances until April 23rd) / The AU Review (Music)

hosh-carmen-17-prudence-upton-photo-10-high-res-768x512

 

こちらはもう一人のシアン・ペンドリーさんです。

Sian’s bringing sexy back to the opera / Daily Telegraph

 

 

毎回、こうやって湾に突き出すようにして、舞台を設営しているようですね。

 

 

いよいよ始まるようです。

 

舞台の間には花火もあるようですね。

 

IFACや、MAZDAのロゴも見えます。

 

 

 

 

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


最近話題のHANDA Watch World(ハンダウォッチワールド)

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

今月よく読まれた投稿

東京大薪能は、東京の夏の風物詩

今年3月に開催された深見東州バースデー書画展で、今年は東京大薪能を復活させるようなことを言われていました。 東京大薪能とは、1998年から2014年まで、東京都庁の都民広場やお台場の潮風公園で無料で開催されていた薪能の上演会です。 主催は深...
711 views

東京大薪能 (2018) が4年ぶりに復活、9月23日新宿都民広場で宝生流による上演

深見東州さんがかねてから言われていた通り、今年は東京大薪能が復活しました。時間が立つのは早いですね、前回は2014年の開催でしたから、4年ぶりの開催になります。 この間、気にしている人たちもけっこういたようですね。ほぼ毎年開催されていたので...
674 views

「ハンダウォッチワールド吉祥寺宇宙時計店」が、この秋にオープン予定?

先日開催されました、「株式会社ミスズによる、新取り扱いブランド『ハイゼック』のローンチ、及び『ヤーマン&ストゥービ』のプレジデント就任発表会」のリポートが複数の新聞記事に掲載されました。     その中に、新規店舗のオー...
416 views

最新の深見東州(半田晴久)さんの評判から

最近増えてきた深見東州さんに関する情報とネットでの評判をまとめてみました。 根拠のないネガティブなものはスルーしてますけどね。 通して見ると、深見東州さんの宗教活動とビジネスにスポットが当たってるようです。 ビジネスマンとしての、社会的な常...
219 views

HANDA Watch World・心斎橋・つかみどり時計店の現金つかみどりの様子

HANDA Watch World(ハンダウォッチワールド)心斎橋つかみどり時計店の情報を、インスタグラムから拾って見ました。 名古屋店では、モーニングサービスやお弁当にちなんだサービスが売りでしたけど、関西はやはり現金のつかみどりでしょう...
190 views

ブルース・リー祭初日は、ユン・ピョウの秘蔵の話や演武も披露

ユン・ピョウをゲストに迎え、ブルースリー祭りが、吉祥寺第一ホテルで開催されました。 ユンピョウさんが出てくる前には、会場は超満員でロビーにまで、人があふれていました。 香港のアクションスターの中でも、80年代には日本でもジャッキー・チェンと...
187 views

深見東州さんは大変しつこい人、時計の評論家になっても一流になる

先日、椿山荘東京で開催された「株式会社ミスズによる、新取り扱いブランド『ハイゼック』のローンチ、及び『ヤーマン&ストゥービ』のプレジデント就任発表会」の動画がありましたので紹介します。 【FOX FASHION】 ミスズ「ハイゼック/ヤーマ...
172 views
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly