ISPS HANDA レディース ヨーロピアンマスターズの結果は

オリンピックゴルフ競技も終わり、それぞれのツアーで、また熱戦が繰り広げられているようですね。

後ほど、深見東州(半田晴久)さんが会長を務める国際スポーツ振興協会が冠スポンサーになっている、ISPS HANDA レディース ヨーロピアンマスターズの結果も紹介します。

 

ところでオリンピックの男子は残念な結果になってしまいましたけど、そのオリンピックを辞退した松山英樹選手が、久々に日本オープンに出場するそうです。しかも石川遼選手も、先日のKBCオーガスタで優勝を飾り復調しているようですが、出場が決まったそうです。

この10月13日の週は、米国ツアーの2016-17年シーズン開幕戦がありますね。しかし、2人とも日本オープンに出場することを決め、そしてオーストラリアからは、元世界ランク1位のアダム・スコット選手も3年連続で出場するそうです。かなり盛り上がりそうな感じですね。

現在、日本ツアー賞金王を争う、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手と金庚泰選の戦いぶりにも注目したいです。

 

そして、先日大きく報道されて、ゴルフファン以外の人でも知ってる人が多いと思いますが、タイガーウッズが10月の開幕戦で復帰するそうです。これはすごいニュースですね。あっという間に、世界のゴルフ界の話題がウッズ一色になったそうです。世界の一流ゴルファーたちも、皆賞賛の声を持って受け止めています。ゴルフ界のみならず、世界のスポーツ界を代表するスーパースターですので、ゴルフファンのみならず、選手たちも皆、心から復帰を願っていたのでしょうね。

オリンピックよりも、その後の方が、男子ゴルフは話題が多いようです。

女子ゴルフの話題は、オリンピック競技では野村選手が最終日、メダルにあと一歩のところまで猛追しましたがおよびませんでした。それでも健闘したと思います。女子は、世界ランキング上位選手がほとんど参加していましたから。

そして国内では、11日まで行われていた日本女子ゴルフ選手権で、3日目に、国際スポーツ振興協会所属の酒井美紀選手がトップタイに立ちました。メジャー初制覇かと期待しましたけど、最終日は4位タイで終わりました。ちなみに鈴木愛選手が、大逆転で優勝を飾っています。

 

29575726556_b842d76f1f_b

それでは最後に、ISPS HANDA レディース ヨーロピアンマスターズの結果を紹介します。

この大会は、欧州女子ツアー主催のトーナメントで、ドイツのデュッセルドルフで開催されました。

欧州女子ツアーは、ほとんど日本では紹介されませんよね。今週から始まるエビアン選手権のように、米国女子ツアーと共催したトーナメントは報道されますけどね。今年の2月に共催で開催されたISPSハンダ・オーストラリア女子オープンは、日本の野村選手が優勝したので、さらに大きく取り上げられていました。

 

このISPS HANDA レディース ヨーロピアンマスターズの過去3年間の優勝者でかつLETメンバーの選手は、全英女子オープンへの出場資格が与えられるそうです。

今年の優勝者は、世界ランク57位の、韓国のキム・インキョン選手でした。ヨーロッパでも韓国選手強いですね。オリンピックでもインビー・パーク選手が、元女王の底力を見せて金メダルを取りました。そういえば日本男子ツアーのハンダグローバルカップでも、韓国選手が優勝しましたね。

 

45

ちなみに、今年の米国女子ゴルフは、タイのアリヤ・ジュタヌガン選手がすでに5勝していますね。世界ランク1位のリディア・コ選手との、今後の戦いが注目されます。

そして、カナダのブルックス・へンダーソン選手とともにトップの3人は、皆20歳以下の選手です。他にも、チャーリーハル選手や、レキシー・トンプソン選手、ミンジー・リー選手など上位の世界ランカーも同年代です。女子ゴルフはこれからますます面白くなりそうですね。

 

 

 

 

 

 

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG