本格的なオペラ歌手で、ジャズやポップスを上手に歌える歌手は少ない

ID:if3u4t
IMG_za64
Quick Japan vol.118p158~
Quick Japan vol.118にも、深見東州さんのコンサートレボートが掲載されているとのことで、バックナンバーを入手しました。たしかにしっかりと書かれていました。
この今年初めに開催されたライブから、ゲストを呼ばずに、深見東州さん一人によるコンサートが始まりました。そうそう意味では、記念すべきコンサートだったんですね。
全国のジャズファンを相手に、一人で3時間のステージというのは、いかに深見東州さんでもなかなか大変だったんではと思います。この後、やはり一人コンサートを4月に2度開催され、そしてホセ・カレーラス、マイケル・ボルトン、プラシド・ドミンゴらとの共演をへて、満を持して9月の武道館単独コンサートへとつながっていきました。
今回の記事では、その時にバックバンドを務めたメンバーへのインタビューがありました。多くは、小林旭さんからの紹介で来たそうですが、深見東州さんに関しては、やはりそのオベラ的歌唱をベースにした声の良さ、あらゆるジャンルに精通し、実践していることに驚いていたそうです。
オベラ的歌唱といえば、最近はクラシックの歌い方で、ボップスを歌う人が増えてきました。正確に言うと、声楽の歌い方をとりいれたボップスでしょうか。ボップスと声楽は発声が根本的に違いますからね。
深見東州さんは、本物のオペラの舞台を何度も務められ、本格的な声楽のレッスンを受けてますから、静かに歌う声が、会場の一番奥まで届きますね。しかしボップスの歌手の発声は、マイクを使わなければ届きませんので、大きな違いがあります。
そのベルカントのオベラ歌手としての発声を応用して、ボップスも歌われていると思いますが、感情表現をとても豊かに歌われますね。そもそもオペラでアリアを歌われる時も、オベラ独特の素晴らしく響き渡る格調高い声だけども、聞いていると眠くなるような発声ではなく、本格的なベルカント唱法をマスターされているためか、感情表現が豊かで、眠くなる声楽家たちとは一味違うなと思ってました。
ふつうのオペラ歌手がポップスを歌うと、声量のある良い声で、正確な音程通りに歌うのですが、感情表現がボップスの歌手のように歌えないので、聞いていて上手だけども、もの足りないなーと思いますね。そこが、オベラ歌手が、ボップス歌手に比べて、世界的なスーバースター歌手になれない理由ではないかと私は思いますね。
もちろんオペラ歌手は、クラシックの分野においてのみ、その実力を評価されればそれで十分素晴らしいことだと思います。
しかし3大テノールたちは、オペラでもボップスでも素晴らしく歌うことができますから、そういう人は、世界のスーバースターになってますし、オベラを歌っても抜群だと思いますね。幅広く歌える歌手というのは、なにか、一線を越えた歌い方ができるからではないかと思っています。
ミュージカルやジャズを最高に上手に歌えるオペラ歌手は、なかなかいませんが、それができるオペラ歌手が歌うアリアは、私は格別に素晴らしいと思いますね。