MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

ISPS ハンダ オーストラリアン女子オープン、日本人選手の活躍は

ISPS ハンダ オーストラリアン女子オープンは、元女王のインビー・パーク選手が、通算20回目の優勝を飾り、ベテランの貫禄と意地を示しました。全米女子ゴルフツアー恒例のシャワーによる祝福も、ひときわ凄まじいものがありますね。

現在42歳、全米女子ゴルフツアー19勝で、やはり元世界ランキング1位のクリスティ・カー選手も6位タイと上位に絡んできましたね。最終日、どの選手もスコアが伸びない中で、唯一の60台をたたいていました。

日本から出場した原英莉花選手も、一緒に回って、そのプレーに感心していたようです。

日本人選手は8人が出場しましたけど、原英莉花選手と、フィリピン国籍として出場した笹生優花選手が、共に25位タイで4日間の戦いを終えました。2人ともジャンボ尾崎邸で、技を磨いているそうですね。笹生優花選手は、今年から日本ツアーへの参戦が決まっているそうです。

国際スポーツ振興協会アンバサダーで、深見東州さんが、その技術だけではなく、人間性もとても素晴らしいと賞賛されているミンジー・リー選手は、地元での優勝が期待されましたが、原選手たちと同じく25位タイで終えました。

子供たちが可愛いですね。こんなにたくさんの子供が見に来るんですね。そして、ジュニア選手のためのレッスンも行われていたそうです。

それから国際スポーツ振興協会が世界的に支援しているブラインドゴルフですが、会場ではデモンストレーションが行われていました。

こちらは、やはり国際スポーツ振興協会が主催する女性だけの朝食会になるそうです。このような、様々なイベントが試合に合わせて行われているんですね。

それからCME グループはホールインワンが出ると、2万ドルをセント・ジュード・チルドレン・リサーチ・ホスピタルに寄付するそうです。この病院は、小児の白血病や癌の治療と研究のための施設で、患者には費用を請求していないそうです。

最後に、日本のメディアの報道を紹介します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる