MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

深見東州さんが経営する株式会社ミスズが、新たにスイス、イタリアのお洒落な有名ブランドの総代理店になっていました。昨日、そのお披露目パーティーが開催されたようです。

 

予備校の「みすず学苑」のミスズ スイスやイタリアの時計6ブランドと契約 / WWD

進学予備校「みすず学苑」などを運営するミスズ(東京、半田晴久・社長)は、スイスやイタリアの高級時計6ブランドと代理店契約を結んだ。導入するのは日本初上陸となるスイスの「ユニオン・オルロジェール」およびイタリアの「ディーチ」のほか、スイスの「カトレックス」、ゴルファー専用の「ヤーマン&ストゥービ」、ファッションブランド発の「ロシャス」、米国発のカラフルな「キャンディタイム」といった価格もテイストも幅広い顔ぶれ。10日には都内のホテルで各ブランドの本国代表やミスユニバースジャパンが登壇するお披露目会を開き、ショー形式で各ブランドの新作時計を紹介した。

 

株式会社ミスズは、みすず学苑も有名ですが、時計業界でも1980年からオリジナル時計の製造・輸入・卸業をスタートさせ、また国内外のブランド商品の卸、販売を、これまで36年以上手がけるなど、業界では有名な会社だそうです。日本では、特にファッション時計と言われる分野で、その業界をリードしてきたと聞いたことがあります。

そういう深見東州さんの時計への特別な思いが通じたのでしょうか、昨年はロベルト・カヴァリ by フランク・ミュラーの信頼を勝ち取り、日本初上陸となる総代理店になりました。海外でしか手に入らない時計でしたから、喜んだ人もたくさんいたでしょうね。

 

今回のお披露目では、さらに複数のブランドの総代理店に、ミスズがなっていますね。

今回紹介されたのは、「ユニオン・オルロジェール」、「カトレックス」、「ヤーマン&ストゥービ」、「ロシャス」、「キャンディタイム」、「ディーチ」となってました。
「カトレックス」と、「キャンディタイム」の商品は、すでにミスズのホームページにも掲載されていました。「ヤーマン&ストゥービ」というブランドは、ゴルフウォッチに特化したブランドだそうです。各ホールのスコア、ホール数、累積ストローク数を表示する、スコア・カウンターと機会式時計を合体させた、そんなゴルファーのための時計があるんですね。ゴルフの聖地セント・アンドリュースの名前を冠した『セント・アンドリュース・リンクス』という時計も制作したそうです。

あとはよくわかりませんが、そのうちホームページに掲載されるでしょう。時計に関心のある人はミスズの直営店の「時計の恋人」のホームページでもチェックできると思います。あまり見てると欲しくなっちゃいますけどね。

 

2012年のミスユニバース日本代表の原綾子さんです。とても綺麗な方ですね。仙台の人で、東日本大震災の後だったので覚えてました。

 

ミスユニバースジャパンの女性たちと、深見東州(半田晴久ミスズ社長)さん

それにしても同じミスズでも、みすず学苑の雰囲気とは随分違いますね。時計のセレブでファッショナブルな演出を考える人と、みすず学苑の広告やCMを作ってる人が、どうしても同じ人だとはとても思えないですけどね。

 

 

 

 

 

やっぱり、深見東州さんは怪人でした!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる