MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

「深見東州選りすぐり絵画展」の作品

深見東州選りすぐり絵画展で、幾つかの作品は、初めて見るものもありました。過去の深見東州さんのバースデー絵画展で私が見落としたのか、行けなかった年もあるので、それでだと思います。

 

IMG_2KAGA4

まず、「冬薔薇」という100号のアクリル画に、とても魅入られました。解説によると、バラの内なる情念を密やかに顕した優美な作品ということです。

絵を見てもらわないと、とても口で説明できるものではないですが、巨大なバラかと思ったら、小さなバラが集まって、一個の大きなバラのように見える絵でした。バラの花をそのまま描いているのではなく、なんともいえない勢いのあるタッチで、一気に描きあげたという感じがします。色も強いけど優雅なピンクで、バックのターコイズブルーとの相性も絶妙で、素敵なコントラストになっています。こんな絵画がお部屋にあると素敵でしょうね。

それから、これはよく見る絵画ですが、「火の魚」ですね。これも100号の、巨大な魚が飛び出してきそうな迫力ある絵ですが、解説によると、「海中を疾走する赤い駆逐艦、進撃の大魚」と書かれていて笑ってしまいました。

たしかに進撃の大魚です。いまにも食べられてしまいそうな感じすらします。口から黄金色の泡を吐きながら、ユーモラスな顔はかわいいけど、迫力がすごいです。やる気のエネルギーをもらえる絵画ですね。おそらく、こんなタッチの絵が描けるのは、深見東州さんしかいないと思いますね。素人目には、ゴッホの「星月夜」を初めて見たときの驚きに似ています。

もう一つだけ紹介すると、「和佐田に白山黄金降る山」もお気に入りの絵画です。求龍堂の松井氏の解説によると、「和佐谷は白山神界の祈りの里山、素朴な信仰の山だ。日本の自然観そのままを絵にした、豊潤な大和絵の一枚である」と、いうことです。

空が黄色で、山が紺色に、白い雪という組み合わせですが、とても生き生きとした、山が躍動しているような、沸きたっているように見えるんですよね。心が気持ちよくなる絵です。これもお部屋に飾っておきたくなる絵画ですね。見てるだけで気持ちが豊かになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる