MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

銀座のアートギャラリーで「深見東州 選りすぐり絵画展」が開催

20151012-kaigaten
第1回 深見東州選りすぐり絵画展2015

前にも紹介しましたが、深見東州さんの絵画展が開催されるそうです。セントラルミュージアム銀座というギャラリーで、10月12日から18日まで展示しているそうです。今回は、元求龍堂編集長の松井武利氏と、美術評論家ワシオ・トシヒコ氏による企画になるそうです。

「深見東州の書」で解説を書いたり、松井氏は深見東州さんの自選画集の編集もされてましたね。古くからの良き理解者なのでしょう。いまでこそ、多くの専門家の高い評価を耳にしますが、松井氏は、いち早く深見東州さんのことを巨匠だと言ってましたね。さすが優れた美術出版で知られる求龍堂で編集長だけに、作品を見る目はたしかです。

 

今回は、過去の深見東州さんの作品、2847点の中から、選りすぐった60点が、解説とともに展示されるそうです。はっきりいって、とくにこの数年の作品など、甲乙つけがたい、優れた作品が目白押しですからね。そのなかから選ぶとなると、最後はおふたりの好みになるのかもしれませんね。

そして、とにかく実物をみないとその本当の良さがわからないと思います。作品から出てくる、なんともいえないものすごいエネルギーというのでしょうか、作品の前に立つと、魅入られたように足が止まってしまいますからね。そんな傑作がたくさんあります。それは、写真で見るよりも、やはり実物を見ないと感じにくいでしょう。上手い絵を描く人はたくさんいても、思わず立ち止まって、食い入るように見てしまう作品が書ける人は少ないと思います。

そういう絵が描けるというのは、やはり、芸術家としての本物の魂を持つからではないかと思います。見ているだけで、なにか感化されるものがありますね。そして、毎年のように作風の幅が広がってきましたから、そのなかから、どんな作品を選んであるのかも、楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる