MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

深見東州(半田晴久)とは何者という疑問へ、一つの答えになる記事

昨日、Quick Japan vol.116 の、深見東州さんのコンサートに関する記事を紹介しましたが、今日もその続きを紹介します。

こちらの雑誌で記事を書いたライターさんは、116号の記事が、かなりの反響があったと書かれていますが、人気ロック歌手らの共演だけでなく、深見東州さんとはどんな人なのだろうという好奇心があったことを文面から感じました。

 

深見東州さんについて、ネット上の情報以外は何も知らない人は、深見東州とは何者なんだと、そう思う人が多いと思います。ネットの情報は、極端なものも混じっているので、実像をわかりにくくしているのでしょう。そういう意味では、このライターさんのように、偏見をもたずに実際の舞台を観に行くと、かなり実像に近づけたのではないかと思いますね。

深見東州さんのことを本当に知るには、コンサートだけでは足りませんが、それでも人柄の良さと面白さは理解されたようですし、また、著名人をはじめ、なぜ多くの人が、深見東州さんに惹きつけられるのかにも、多少なりとも迫ってたように思います。

そして今回は、本物のタイガーマスクも登場した明るすぎる劇団・東州の定期公演と、小林旭さんと共演した演歌コンサートに潜入したときのライプレボートとなっています。前回以上にディープな世界だったというのに、すこし笑えました。

 

GEKIDAN
Quick Japan vol.117 p198~

 

ブログを更新しました。 『第5回定期公演 明るすぎる劇団・東州』 ⇒ http://t.co/gNuNtwkj8P

— 荒井英夫 (@ARAI_HIDEO) 2014, 10月 10

 

 

読んでいて途中で何が何だかわからなくなってきた。 「明るすぎる劇団・東州」に初代タイガー、サスケ、西村ら伝説のレスラーも参戦 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 http://t.co/6gHvPm0vlh

— 遊井かなめ (@ue_kaname) 2014, 10月 17

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる