MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

第6回明るすぎる劇団東州の定期公演、今年も奇想天外な演出?

20150704-gekidan

7月4日、5日には、明るすぎる劇団東州の定期公演が、昨年に続いて新国立劇場で開催されます。新国立劇場での開催が、定番化しそうな勢いですね。

新国立でやるのにあわせたわけではないと思いますが、去年の劇団公演は、傑作だったと思います。そうとう笑いました。そして、さわやかな後味が残った、過去最高に満足度の高いできでした。

そして今年は、その去年よりもさらに面白いという、そんなふれこみです。はたして期待に応えてくれるでしょうか。去年を超えるのはなかなか大変かと思いますが、どうやら、それも杞憂に終わりそうな感じです。

去年は、よもやのプロレスの乱入が、最高の効果をあげましたが、今年は、ライブコンサートと演劇が合体したものになり、ミュージカルよりも面白いことになるとのことです。なにか、想像もつかないようなことを考えてあるようです。ただ歌って演技するだけで、深見東州さんの演出が終わるはずがないので、必ず去年以上の意外な演出を出してこられるでしょう。

 

とにかく23曲の劇中歌を、深見東州さんみずから歌われるのは間違いないようです。そして、幕間には、恒例のバントマイムと思いきや、これもどうやらウタントマイムということで、こちらにも歌が挿入されるのでしょうか。どうやら、今回は歌が鍵になるような感じですね。

演目は新作含む4つに、ふたつの幕間コンサートとウタントマイムですから、全部で6作品を見るような形になるでしょう。これだけは、見てみないとわかりませんよね。

では、最後に去年の明るすぎる劇団のツィートを少し見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる