第6回明るすぎる劇団東州の定期公演、今年も奇想天外な演出?

20150704-gekidan

7月4日、5日には、明るすぎる劇団東州の定期公演が、昨年に続いて新国立劇場で開催されます。新国立劇場での開催が、定番化しそうな勢いですね。

新国立でやるのにあわせたわけではないと思いますが、去年の劇団公演は、傑作だったと思います。そうとう笑いました。そして、さわやかな後味が残った、過去最高に満足度の高いできでした。

そして今年は、その去年よりもさらに面白いという、そんなふれこみです。はたして期待に応えてくれるでしょうか。去年を超えるのはなかなか大変かと思いますが、どうやら、それも杞憂に終わりそうな感じです。

去年は、よもやのプロレスの乱入が、最高の効果をあげましたが、今年は、ライブコンサートと演劇が合体したものになり、ミュージカルよりも面白いことになるとのことです。なにか、想像もつかないようなことを考えてあるようです。ただ歌って演技するだけで、深見東州さんの演出が終わるはずがないので、必ず去年以上の意外な演出を出してこられるでしょう。

 

とにかく23曲の劇中歌を、深見東州さんみずから歌われるのは間違いないようです。そして、幕間には、恒例のバントマイムと思いきや、これもどうやらウタントマイムということで、こちらにも歌が挿入されるのでしょうか。どうやら、今回は歌が鍵になるような感じですね。

演目は新作含む4つに、ふたつの幕間コンサートとウタントマイムですから、全部で6作品を見るような形になるでしょう。これだけは、見てみないとわかりませんよね。

では、最後に去年の明るすぎる劇団のツィートを少し見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG