MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

深見東州・バースデー書画展に、ローリング・ストーンズのロン・ウッドの作品も展示中

深見東州さんのバースデー書画展を見てきました。今年で19回目となる個展ですが、会場に入ると真っ先に鮮やかなサイの彫像が目につきました。実物よりひと回りくらい小さいサイの像に綺麗な彩飾が施されていたんですが、それがロン・ウッドの作品と知り、エッとなりました。

開会式で、英国のウィリアム王子から深見東州さんへ宛てた手紙が拝読されて、そこで理由がわかりました。深見東州さんが会長を務める国際スポーツ振興協会は、 アフリカの野生動物の保護などを行なっている英国の慈善団体Tuskのグローバル・パートナーですが、ロン・ウッドも、そのTuskを長年支援してきたそうです。ウィリアム王子がパトロンとなっているTuskですけど、ロン・ウッドもこの問題への関心がとても高かかったんですね。

 

それで今回の作品は、Tuskを支援している深見東州さんのバースデーを祝うとともに、野生動物を絶滅から救うTuskの使命を人々に訴えるためにロン・ウッドが彩色したものを、ここに展示しているそうです。ロン・ウッドからのビデオメッセージもあり、深見東州さんへの謝辞とともに、そのような支援がなくては、野生動物の保護ができなくなることを訴えていました。

ちなみに、ロン・ウッドはロニー・ウッド名義でも活動していて、特にアート関係ではその名義を使っているようですね。ストーンズのギタリストとしてとても有名ですけど、素晴らしい絵画を描く画家としても人気があり、ニューヨークで個展を開いたり、リトグラフを販売したりと、どこか、深見東州さんと共通するところもありますね。

 

 

 

こちらのサイの彩色は、別なもののようですけど、今回のはさらにカラフルで、両側にはコンドルや火の鳥のような鳥が描かれていました。

 

 

開会式には、第103代カンタベリー大主教を務めたジョージ・キャリー氏や、のエンダ・ケニー元アイルランド首相も出席し、挨拶をされていました。また、藤岡弘、さんも登場し、深見東州さんとツーショットするなど会場を沸かしていました。他にも与野党の有名な政治家さんが多数、また、プロゴルファーや能楽師さんなど、賑やかで多彩なゲストが今年も大勢参加していました。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる