MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

ヒルトン東京お台場で「サンタも驚く!! クリスマスパフォーミング時計宝飾展示会」開催

深見東州さんが企画する年末のクリスマスイベントの詳細が発表されました。

今回は「サンタも驚く!! クリスマスパフォーミング時計宝飾展示会」ということとで、第九とクラシックコンサート、薪能とクラシックバレエ・ジャズコンサートの日替わりパフォーマンスを行うようですね。

オペラ、クラシック、ジャズ、ポップスのコンサートは最近何度か開催されてきました。今回は年末ですから、去年に続き第九もされますね。そして去年と全く違うのは、薪能とバレエの舞台が新たに加わっています。参考までに、昨年のクリスマスイベントは、以下の記事で紹介しています。

オペラ歌手、ポップス歌手、ジャズシンガーの深見東州さんは、能楽師でもあることでも知られていますけどね。しかし、バレエダンサーとしての深見東州さんを知る人は少ない気がします。実は私もDVDで見ただけで、実際の公演を見たことはありません。

今から30年くらい前から、バレエの舞台公演に出演していた記録は残っていますから、こちらの記事が参考になると思います。

バーレッスンやセンターレッスンを行い、本格的にバレエに取り組んでいたのでしょう。からだの動きがとても柔らかいなと思います。よくバレエ公演で見るような、つま先立ちで華麗なターンをする動きとかはありませんが、足を高く上げてのジャンプするシーンでは、かなり高く跳んでいました。かなり創作的な振り付けによる演出になっています。

今回は、「くるみ割り人形」「白鳥の湖」というチャイコフスキーの3大バレエのうちの2つと、マヤ・プレセツカヤの代表作「瀕死の白鳥」という、3つの有名な作品が見れるようですね。時間的に見どころを抜粋しての公演になるかと思います。

ロッドバルト深見東州と記載がありますから、「白鳥の湖」のフクロウとして出演する予定なのでしょうか。深見東州さんのバレエ公演を見るのは初めてなので楽しみです。以下は、マイヤプリセツカヤさんと共演した公演について書いてます。

20世紀最高のバレリーナと言われるマヤ・プレセツカヤさんを2度も日本に呼び、一緒に公演を行っていたのを知ったときは驚きましたけどね。それからかなりの年月が経っていますけど、再びバレエの舞台に出演することは、生やさしいことではないと思いますね。

そして今回はコンサートと能楽とバレエを連続して行い、同時並行で時計宝飾の展示会を行うということなので、これは想像以上に大変なことだと思います。しかも70歳を越えてからですからね。そのバイタリティーには本当に驚きを通り越して信じられないというか、敬服するしかありませんけどね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる