東京ヴェルディJ1に昇格に向けての戦い

サッカー日本代表対ニュージーランドの対戦は2対1で辛くも日本代表が勝利しましたね。ただ試合後は、日本チームに対するかなり厳しいコメントが多かったようですけどね。

 

 

ところでJ2リーグの、J1昇格に向けての争いが激しくなってきましたね。

目下のところ湘南ベルマーレが抜け出しています。残り6試合ですけど、このまま自動昇格が決まりそうな感じですね。そして2位のアビスパ福岡から9位の大分トリニータまでは、勝ち点11内の混戦となっています。10位から下になると少し差がありますが、6位以内の昇格プレーオフ進出に関しては、まだまだチャンスがあるかと思います。

一応、現在9位内までのチームが、J1に昇格する3チームに最も近いところにいますね。

今年は稀に見る混戦と言われてきましたが、最後までそうなりそうな勢いですね。

 

21-min

 

深見東州さんが会長を務める国際スポーツ新興協会が、今年から東京ヴェルディの胸スポンサーになったので、私も例年になくサッカーの動向が気になっています。

東京ヴェルディは、36節終了の10月8日現在7位ですが、6位から8位までが勝ち点57で並んでいます。3位から6位までは昇格プレーオフに出場できますので、ギリギリの昇格ラインにいる感じですよね。さらにプレーオフ出場の4チームのうち1チームだけが昇格するので、厳しい戦いはまだまだこれからも続きます。

10点差がありますが、ここは2位の自動昇格を狙う気持ちで向かわないと、6位以内に入っても昇格までいけるかわからない気がしますね。
東京ヴェルディのこれからの対戦相手を見ると、37節が群馬、38節が岐阜、39節が福岡、40節が山口、41節が京都、最終戦の42節が徳島となっています。下位チームとの試合が4、上位チームとの対戦が2試合ですね。下位チームといっても湘南や福岡に勝ったりしますから、全く関係ないですね。全勝利に向けて応援しようと思います。