南アフリカで第4回目のスポーツ平和サミット開催

スポーツ平和サミットの第4回が、南アフリカにて開催されたそうです。11月2、3で開催されていたようですね。スポーツ平和サミットは、過去、ロンドン、東京、ニューヨークときて、今回のケープタウンで第4回目となります。昨年のニューヨークでは、国連で開催されたそうです。

今回は草の根レベルでスポーツを広げることなど、いろいろなテーマで議論が交わされたようですね。
深見東州さんが日本でも言われていたことですが、スポーツと教育は、貧困からくる悪循環を断ち切りたい若者たちを救うために、手をつないだと言われています。例えばサッカーの有名選手のいうことは、生徒たちも大人しく言うことを聞くのだそうです。そういう部分で、スボーツが子供達の教育に果たす役割は、大変重要ということになりますね。

また、「インビクタス」という映画で紹介されましたが、南アフリカの人種間の不和を解消するのに、ネルソンマンデラが、ラグビーを利用したことは、有名な話ですよね。ラグビーで白人と黒人の気持ちが一つになっていく様子が、映画で描かれていました。こんな実話があったことに感動しましたね。そしてネルソンマンデラの寛容な心と素晴らしい知恵に感心しました。

今回のスポーツ平和サミットにも、水泳のイアン・ソープ選手など、スター選手も数人来て発言をしていますね。そして、1500人の生徒を含む15000人の代表者が、ケープタウンの国際コンベンションセンターでの2日間の様々なセッションに参加したようです。

3683543641
World Sports Values Summit for Peace and Development
http://beta.iol.co.za/sport/stars-bat-for-grassroots-sport-1939862
http://beta.iol.co.za/sport/more-sport/sport-stars-lined-up-for-cape-summit-1939339

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG