世界の若い議員と語り合うグローバル・オピニオン・サミット

世界の若い議員と語り合うグローバル・オピニオン・サミットは、楽しかったです。世界中から、たくさんのヤングリーダーたちが集まっての、熱い議論を楽しんできました。
まとめ役の深見東州さんは、さぞかし大変でしたでしょう。でも、そのおかげで、IPUのヤングパーラメンタリアンたちはのびのびと発言できたのではないでしょうか。
この方たちが、将来の地球と社会の一翼を担ってると言っても、けっしていいすぎではないですよね。そうなっていただきたいですし、そのためにも、こうやって互いに理解を深めていく会議は重要なんでしょう。これからも仲良くしながら経験を積んで頑張ってもらいたいです。
そして、日本からも、素晴らしいヤングリーダーが出て欲しいですよね。深見東州さんのような方がいらっしゃる間に、薫陶受けて、将来の日本を背負っていくような次世代のリーダーが必要です。ええ、人任せにばかりしないで、私も役に立てるようにならないといけませんよね。
とにかく若いときから、政治や社会や海外に目を向けていくことが大事だとわかりました。成功した人は、みな20代から頭角を現しているんですね。若者は未来そのものでもあるけど、この今も若者が大事なんですから。
最後に、今回の参加者と若いリーダーたちのツイッターを見てみましょう。