MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

ゴルフと時計をテーマにした新しい試みとして、国際スポーツ振興協会主催、株式会社ミスズ共催による、第1回目のISPS HANDA・ヤーマン&ストゥービ オーナーズカップが箱根湖畔ゴルフクラブで開催されました。

この大会は男女のプロ、シニア、グランドシニア、アマチュアの混成で行われました。そのアマチュアも、プロを目指しているアマチュア選手ではなく、ゴルフが大好きというアマチュア選手たちですね。

ミスズの代表取締役である深見東州さん(半田晴久ISPS会長)は、ゴルフ専用の高級腕時計「ヤーマン&ストゥービ」の総輸入元になってますが、その時計を購入したゴルフ大好き人間たちが大集合したそうです。

そうして1日完結で2日間とも、プロの部、アマチュアの部、チーム戦で競い合ったそうです。プロの選手には賞金も出ていますね。ちなみにプロの部初日は、ー9でシニアの三好隆選手が優勝しました。2日目はー7で清水一浩選手と、牧野裕選手が優勝を分け合ったそうです。

 

スポーツニッポン2017/4/30

スポーツニッポン2017/4/30

 

そして、何と言っても今回の大会は、ジャンボ尾崎選手と、ニュージーランドで昨年まで首相をしていたジョン・キー首相が出場したことも話題の一つだったようです。

今年から尾崎選手も、ヤーマン&ストゥービと、国際スポーツ振興協会のアンバサダーになったそうです。尾崎選手の話では、「前から契約の話をいただいていたが、期待に応えられるかわからなかった。だから自分の気持ちが入っていかなかったが、半田会長と食事をした際に、これからの人生も有意義なものに、と言われた」「本当に軽快にお話をする人。僕は人にパワーを与えるタイプだけど、僕にパワーをくれる人に、初めて会った」ということで、契約に至ったそうです。

今回の成績は+1と今ひとつでしたけど、表彰式では「-8、-9がいる前で僕のスコアを言うんじゃないよ!」と言って、みんなを笑わせていたそうです。

そんな尾崎選手に、深見東州さんは、「レジェンドといえばジャンボ尾崎さんです。シニアの試合には出ないとおっしゃいますが、我々の大会にはシニアもいればレギュラーの選手もいる。そして女子にもレギュラーやシニアがいて、どこのくくりで出ているのかわからない。それならば、我々の大会に出てもいいでしょう」と笑顔で語り、レジェンドの加入を大いに喜ばれていたそうです。

 

ISPS HANDA・ヤーマン&ストゥービ オーナーズカップ開催!/ デイリースポーツ

ジャンボは「今年の、僕のキャッチフレーズは『ラストタイム』。期待に(成績で)応えられるのか、複雑な思いはあるけど、会長に会っていいことが起きる、と信じてやっていきたい」と、契約を機に“もうひと花”の思いで2017年も、レギュラーツアーに臨むことを宣言、大きな拍手を浴びていた。

 

深見東州さんは、初日にジョン・キー元首相、ニュージーランドのマイケル・ヘンドリーらと一緒の組で、笑いの絶えない楽しいラウンドになったそうです。ジョン・キー元首相は、「半田先生とは何度もラウンドしているが、いつも楽しく面白い。今日の13番では、半田先生は18メートルのロングパットを沈めたんだ。取材のカメラが回っているとバッチリ決めるよね」とユーモアたっぷりに話されていたそうです。

深見東州さんは、海外の人たちとも楽しくコミニケーションができて、心から笑わせるユーモアを持っているので、海外で友人たちが増えていくのでしょうね。そして海外でのビジネスにおいても、どんどん取引が広がっていくのでしょう。

ただ、ビジネスにおいては、お互いが納得のいくまで喧々諤々の議論ができることも必要ということでした。そういうことが全てできる日本人はあまりいないでしょうから、ますます世界で貴重な存在になっているのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる