MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

マスターズ、谷原秀人選手(=国際スポーツ振興協会)は悔しい予選落ち

ゴルフの4大メジャー、マスターズで、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人選手は、残念ながら予選落ちしましたね。日本からは池田選手も惜しいところで予選カットになり、あとは、松山英樹選手だけになりました。

谷原秀人選手は、英国のブックメーカー「ウィリアムヒル」で、マスターズ優勝オッズ81倍という数字になっていたそうです。松山英樹選手の15倍とはかなり開いているものの、「伏兵」の1人として注目されていたようですけどね。世界1位のダスティン・ジョンソンとのマッチプレーで、互角の戦いを演じたのが印象に残っていたのかもしれません。

masters-TITLE2

谷原選手の談話として、「完全にやられました。悔しいです。もう1回出直してこいってことでしょう。今は出直す意欲はないですけど」「経験不足なんですかね。風に対応しきれない自分がいる。この風の中で自分の球筋、何ヤードまで打とうといったコントロールができない。マキロイとかはできていますから」ということでした。

同組で回ったローリー・マキロイやジョン・ラームは、世界でも屈指の飛ばし屋で、現在上位につけているだけに、力不足と経験不足を感じたそうです。

でも今後は、池田選手ともども、次週開催の米国男子ゴルフツアー「RBCヘリテージ」への出場をエントリーをしているそうです。また、5月末の欧州男子ゴルフツアーのフラッグシップイベント「BMW PGA選手権」にも参戦する予定だそうです。

そのように今年は、国内ツアーと並行して、海外ツアーにも積極的に参加するのかもしれませんね。マスターズ直前の欧州のポイントレース (レース・トゥ・ドバイ) では5位につけていました。

そうやって、海外でたくさんトーナメントをこなして、また来年もマスターズに挑戦してほしいです。

 

国際スポーツ振興協会会長の深見東州(半田晴久)さんは、海外の一流ゴルファーを、何度も日本に招聘されてきました。彼らは過酷なスケジュールで世界を転戦しているので、どのようなコースでも、どのようなコンディションや気候でも、対応できるというようなことを言われていたように思います。

松山英樹選手は、すでに、そういう選手なのでしょう。谷原秀人選手や池田勇人選手も、今後海外での経験を積むことで、世界のトップクラスになってほしいですね。日本の後輩ゴルファーたちへの良い刺激にもなるでしょうから。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる