MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

アンジェラ・ゲオルギュー、第5回東京国際コンサートに来日

2016年の第5回東京国際コンサートは、アンジェラ・ゲオルギューと深見東州さんの共演になりました。

anger

アンジェラ・ゲオルギューは、クラシックファンの間では、美人で実力もあるソプラノ歌手として、とても人気があるそうです。また、世界的な評価でも、現在のソプラノ歌手として、ルネ・フレミングと双璧といわれるほどの歌手なんだそうです。

そして、イタリア系のものが得意のようですね。ということは、私が好きな曲が多くなりそうなので嬉しいです。深見東州さんとの二重唱なんかも期待できるかもしれませんね。

個人的に、あまり歌を聞いたことがなかったので、動画から少し紹介してみます。

 

 

最後に若い頃の映像が出てきますが、歌が上手いのは当然としても、大変な美貌の持ち主のようですね。最近は、ロシアのアンナ・ネトレプコが、美人ソプラノ歌手として世界的な人気を博していますけど、その少し前まではこの方だったのかもしれませんね。

情熱的な歌い方に引き込まれそうな凄みがあります。演技も歌にも鬼気迫るような感じがしますけど、オペラだとさぞすごい演技をされるような気がしますね。たっぷりとしたレガートで歌いますしね。見とれてしまいました。

ウィーン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場、ロイヤル・オペラ・ハウスなど、世界の最高峰の舞台の常連として、活躍しています。夫がテロール歌手のロベルト・アラーニャというのも有名ですね。ただ今はもう別れてしまいましたけど。夫婦の時は、一緒に公演することも多かったそうです。

 

今月の27日の公演ですので、もうあまり時間がありませんが、女性大物歌手の来日で今年の東京国際コンサートも楽しみです。主催は共同主催で、世界芸術文化振興協会と東京芸術財団になっています。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる