MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

谷原秀人(国際スポーツ振興協会所属)が、大逆転でメジャー初優勝

各国のゴルフオリンピック代表は、今週の試合までの世界ランキングで決まるので気になるところですね。ただ男子に関しては、残念ながら米国以外の世界トップランカー数名は出場辞退を表明していますので寂しいですけどね。逆に女子の方こそ、ジカ熱の心配が大きいかと思いますけど、ほとんど辞退の話は聞きません。日本でも2番手争いが白熱していますね。

男子は、トップの松山秀樹選手、2番手の谷原秀人選手の2人共に辞退の意向が報道されていました。せっかくのチャンスなんで、惜しいですけどね。

 

その谷原秀人選手(国際スポーツ振興協会所属)は、今週の日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯で、本日の最終日にトップに追いつき、プレーオフの末に武藤選手を破り、昨週に続いて連続優勝を飾りました。谷原選手の時代が来たような勢いを感じますね。意外でしたけど、国内メジャーの優勝は初めてになるそうです。この勢いで、次週の全英オープンも、ぜひ期待してます。

それにしても武藤俊憲選手も、3日日間トップを維持し、アルバトロスを記録したりと絶好調で、今日も8連続バーディーで後半4打差まで離しましたけど、とうとう最後に追いつかれました。谷原選手は今日ー9ですから、武藤選手は悔しいでしょうけど、さぞかし劇的な逆転になったことでしょう

日本プロゴルフ 谷原秀人が優勝 プレーオフ制す/毎日新聞

 

海外ではリディア・コ選手が、全米女子オープン最終日トップということなので、今年も勝利を積み重ね、世界ランク1位はまだ揺るぎそうにないですね。深見東州さんの話では、性格もとても良いということで、リディア・コの時代はどこまで続くのでしょうか。

そのリディア・コ選手は、オリンピックにはとても前向きで、「何人かのオリンピック出場経験者と話をしたことがある。彼らは口を揃えて『Nothing is like it.(オリンピック出場ほど素晴らしいものはない)』という。自分の国のために、国際的な舞台で戦うなんて、とっても興奮するわ」と、去年言ってたそうです。

プロゴルファーにとっては、オリンピックの金メダルよりもメジャー大会での優勝の方が価値があるとは思いますが、出場する選手には、平和の祭典を盛り上げてもらいたいですね。スポーツの力で、社会をよりよくしたいと言われている深見東州さんも、オリンピックのゴルフ競技が盛り上がることを願っているでしょう。それに加えて、障害者ゴルフのパラリンピックへの参加のために動いているでしょうから、それにも関わってくることだと思いますからね。

競技は男女ともに60選手による72ホールのストロークプレーだそうです。団体戦はなく個人での戦いでメダルを争い、男子は8月11日(木)から14日(日)までの4日間。女子は8月17日(水)から20日(土)までの4日間となっているそうです。

しかしオリンピック会場のリオデジャネイロの治安は大丈夫なんでしょうかね。ジカ熱よりもその方が心配になってきますけど、万全の体制で臨んでくることはできるんでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる