MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

今週は、深見東州さんが会長をつとめる国際スポーツ振興協会主催、日本ゴルフツアー機構共催による、第2回目の「ISPSハンダグローバルカップ」が開催されます。そして、そこに出場する選手たちのうち何名かは、今朝終了したばかりの全米オープンから駆けつけることになるようです。

トーナメントは23日木曜からの開催になりますが、通常は前日の22日にプロアマが行われます。さらに去年の例でいくと、明日21日は前夜祭のパーティーを行われる可能性もあります。

もしそうだと仮定すると、国際スポーツ振興協会所属で、全米オープンで最終日まで残った谷原選手の移動は、かなりハードなものになると思いますね。谷原選手以外にも、日本人では宮里優作選手、海外招待選手では、シャール・シュワーツェル選手、アルゼンチンのエミリアーノ・グリッロ選手も予選通過してますので、今頃は移動中かもしれませんね。

 

その全米オープンは、難関コースと言われていたようです。結果を見ても、アンダーパーで回った選手がほとんどいないようでした。優勝候補のマキロイ選手、松山選手も散々なスコアで予選落ちしていましたね。谷原選手と宮里選手はなんとか予選を通過し、最終的に宮里選手は、+7とはいえ、シュワーツェル選手と同じ23位タイで終えました。この2人は、引き続き今回のトーナメントでも優勝争いの中心になっていきそうですね。

全米オープン帰りの選手以外にも、海外からの参戦が決まったパドレイグ・ハリントン選手、この選手はメジャーで3勝していて、特に2008年は全英オープンと全米プロゴルフで連勝している選手です。底知れぬ実力を秘めていそうですね。

そしてエミリアーノ・グリッロ選手同様の、若手の実力派であるビクター・デビュッソン選手が参戦します。この選手は、映画スターのようなイケメン選手だそうです。そして果敢に攻めるアクレッシブなプレーをするそうです。

 

デビュッソン選手

イケメンの、フランスのビクター・デビュッソン

また昨年、第1回大会を制した武藤俊憲選手、プレーオフに持ち込まれて準優勝になりましたけど、あわや優勝かという大活躍だったアンジェロ・キュー選手も出場します。

そして、現在の世界ランキングでは、シュワーツェル選手が23位、グリッロ選手が47位、デビュッソン選手が71位、池田勇太選手が89位、片山晋呉選手が94位、谷原秀人選手が99位、宮里優作選手が126位、藤本佳則選手が139位、ハリントン選手が167位となっています。昨年以上に熱戦が期待できそうですね。

 

ISPSハンダグローバルカップ8

サンケイスポーツ2016/6/17

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる