MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

トニー・ブレア元英国首相は第1回に続き2度目の、さらにジョン・ハワード元豪州首相、フィラデル・ラモス元フィリピン大統領は初の登場となった、第3回世界オピニオンリーダーズサミットが開催されました。

冒頭に深見東州さんが、世界開発協力機構の半田総裁として登壇し、モデレーターから司会進行まで引き受けられることを宣言されました。「経費を削減するために司会も私がすることにしました」というジョークに早くも場内から笑いがおこっていました。世界の大物政治家や著名な外交官らを迎えての、かなり緊張するようなシチュエーションですが、まったく堅いそぶりを見せられません。

軽妙なジョークを交えつつの進行のおかげで、終始場が和み、発展的で熱のこもった議論になったと感じました。

 

詳細については、とても長くなりそうなので割愛しますが、グローバリゼーションについて深く考えさせられる内容でした。本や報道ではわかりにくかった部分も、直接オピニオンリーダーの話を聞くことで、よくわかったこともいくつかありました。

このようなサミットを何度も開くことが大事だと、ラモス氏の話にもありましたが、本当にその通りだと感じました。とても多くの意義を含んだサミットになったと思います。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる