トニー・ブレア元英国首相は第1回に続き2度目の、さらにジョン・ハワード元豪州首相、フィラデル・ラモス元フィリピン大統領は初の登場となった、第3回世界オピニオンリーダーズサミットが開催されました。

冒頭に深見東州さんが、世界開発協力機構の半田総裁として登壇し、モデレーターから司会進行まで引き受けられることを宣言されました。「経費を削減するために司会も私がすることにしました」というジョークに早くも場内から笑いがおこっていました。世界の大物政治家や著名な外交官らを迎えての、かなり緊張するようなシチュエーションですが、まったく堅いそぶりを見せられません。

軽妙なジョークを交えつつの進行のおかげで、終始場が和み、発展的で熱のこもった議論になったと感じました。

 

詳細については、とても長くなりそうなので割愛しますが、グローバリゼーションについて深く考えさせられる内容でした。本や報道ではわかりにくかった部分も、直接オピニオンリーダーの話を聞くことで、よくわかったこともいくつかありました。

このようなサミットを何度も開くことが大事だと、ラモス氏の話にもありましたが、本当にその通りだと感じました。とても多くの意義を含んだサミットになったと思います。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG