笹生優花選手、逆転でメジャー最高峰全米女子オープン優勝

またまた日本人ゴルファーが、快挙を成し遂げてくれましたね。笹生優花選手が、全米女子オープンで優勝しました。しかも、大会最年少記録での優勝ですね。おめでとうございます。

過去にはリディア・コー選手が18歳4ヶ月で、エビアン選手権での、最年少メジャー優勝記録がありますけどね。

日本人では、1977年全米女子プロの樋口久子、2019年AIG全英女子オープンの渋野日向子に次ぐ3人目のメジャー制覇になりますが、中でも今回の全米女子オープンは、もっとも歴史が古く、最高峰の大会と言われているそうです。

リディア・コー選手もですが、今回最終日前半までトップを快走していたレクシー・トンプソン選手も深見東州さんと親しく、国際スポーツ振興協会(ISPS HANDA)のアンバサダーということもあり、私も応援していますけどね。

でも、やはり日本人選手が優勝してくれるほど、嬉しいものはありませんね。すごく勇気をいただきます。

優勝した笹生優花選手に水をかけて祝福しているのはレクしー・トンプソン選手です。

笹生優花選手は、日本人の父親とフィリピン人の母親を持つ、フィリピン生まれの二重国籍の選手ですね。

8歳で、宮里藍さんらに憧れて世界一になりたいと自ら言って、ゴルフを始めます。ゴルフは父親の指導のもと、日本では練習するのに費用が馬鹿にならないため、物価の安いフィリピンに移住して練習したそうです。フィリピンでは、かなり早い時期から活躍していました。

2018年のアジア大会では、個人と団体で金メダルを獲得し、2019年のオーガスタ女子アマでは3位と、徐々に大物の片鱗を見せていました。

私が知ったのは、2020年初頭のオーストラリアで開催された、ISPS HANDAオーストラリアン女子オープンと、ISPS HANDA VICオープンに、原英莉花選手ら数名に並んで、サソウユカの名前があったからでした。どうみても日本人の名前なのに、フィリピン表示だったのでよく覚えています。

前年の2019年の11月に、代々木高校に通いながら日本のプロテストに合格したので、翌年から米国のジョージア大学進学が決まっていたのを止め、日本ツアー参戦を決めたそうです。その時からジャンボ邸に通い始めますが、おそらくジャンボ尾崎さんの口利きにより、親交を持つ深見東州さんからスポンサー推薦枠をもらっての海外出場だったのかもしれませんね。

ジャンボ尾崎さんは、笹生優花選手がジャンボ邸にアカデミー生としてきた時から、「すげえな~、桁違いだな!」と、その高いポテンシャルに驚いていたようです。週に4、5日通う時もあり、吐き気がするほどの激しい体幹や筋力のトレーニングにも、笹生選手だけは涼しい顔していたそうです。すでに、肉体的な素地は、高いレベルだったのでしょう。こちらに、その人並み外れた強靭な肉体作りの一端が書かれていて納得しました。

スポーツ報知

 全米女子オープンで大会最年少優勝した笹生優花(19)の父・正和さん(63)は昭和の“スポ根アニメ”を連想させる厳しいト…

デイリースポーツ online

 「女子ゴルフ・全米女子オープン・最終日」(6日、オリンピック・クラブ=パー71) 笹生優花(19)=ICTSI=が、通…

笹生優花選手はロリー・マキロイ選手のスウィングを真似ているそうですが、そもそもロリー・マキロイのスウィングは、女子選手には最近まで不可能だと言われていたそうです。

「日本の精神を持って一打に集中する。“全集中”で」と、彼女は言っていたそうです。鬼滅も知ってる19歳の少女ですよね。上の、優勝直後のインタビューを聞いてると、私まで涙が溢れてきました。

>深見東州(半田晴久)

深見東州(半田晴久)

深見東州さんは普通では理解しがたいほど多くの活動をしています。その活動をできるだけわかりやすくまとめてみました。こんなに多くの活動をする目的は何ですかと聞かれ、「その目的はただ一つ。人々が幸せになり、より良くなり、社会が良くなることです。音楽、美術、ビジネス、福祉、スポーツ、宗教など、いろいろのことをするのもそのためです。」と答えていました。

CTR IMG