MENU
ちひろ
書いてる人
深見東州さんの存在を知ったのは、もう15年以上前になります。日本にこんな人もいるんだというのがその頃の印象でした。
それから数年、この人はただ者ではないというのが私なりに分かってきて、それで深見東州さんのことを書いてみたいと思い、ブログを始めました。

ここ数年、見に来る人がやけに多くなって関心の高さを感じ、去年(2018年)からサイトも変え、もっとせっせと記事を書こうと思っています。

ところで深見東州さんについては、世間では意見が二つに分かれるようです。ダビンチのような万能の人じゃないかという人もいれば、怪しい人物じゃないかとか、胡散臭いと書かれていたりもします。よくわからない、謎の人物というのも多いですね。

ご判断はお任せするとして、肯定派の私の意見としては、深見東州さんの詳しい実態を知らなさそうな人、おそらく深見東州さんが出演するイベントに参加したことのなさそうな人に、否定的な意見が見られるように感じました。

と、えらそうなことを言っている私も、実は深見東州さんのことをよく理解しているわけではありません。わからないことの方が多いです。でも、イベントなどに参加すればするほど、本当に楽しいですし、ためになることが多いなと思います。この人はとてもいい人なんだなと心から思えますし、みんなを元気にしてくれる人だと思います。だから信用しています。

ということで、ここでは深見東州さんの活動から、まず、話題になっているものを拾い、最新情報を探して書きたいと思います。また、過去のことも調べて書いていくつもりです。ジャンルが幅広いのでわかりにくい部分はありますが、”誰でもわかる深見東州入門” を目指し、私自身も含めて、何者かよくわからないという人たちの謎を解くために書いていきますね。

世界中から男女300人が参加した「ISPS HANDA ワールド・インビテーショナル」

北アイルランドで開催された、ISPS HANDA ワールド・インビテーショナルの結果や様子を紹介しますね。オリンピック男子ゴルフと同じ時期の開催でしたけど、日本でも報道されていました。

このSPS HANDA ワールド・インビテーショナルは、男女共催、男女平等の非常に画期的な大会として、また、ナイル・ホーランのモデストゴルフが提供する大会として、欧州で注目されていました。詳しいことは、下記の記事をご覧ください。

さて、本戦に先立つ7月28日には、ナイル・ホーランも出場するプロアマ大会が開催されました。ワン・ダイレクションが活動休止して5年になりますが、ソロになっても根強い人気のナイル・ホーランが出場するとあって、ファンの女の子もたくさん駆けつけていたようですね。

今回は、米国人で、ダウン症の障害者を支援するエイミー・ボッカーステットという女性がプロアマに招待されていました。彼女自身もダウン症でありながら、ゴルフ、水泳、バレーボールのスペシャルオリンピックスの選手であり、ピアノも演奏するそうです。今はゴルフをするために、アリゾナ州のパラダイス・バレー・コミュニティ・カレッジに通っていて、今年5月には、ダウン症のゴルファーとして初めて全米大学選手権に出場し、歴史に名を残したそうです。

I Got This Foundationの代表として、講演者として、また様々なチャリティーゴルフトーナメントや募金活動に参加し、障害者と健常者が共に学ぶインクルージョン教育や、障害者のための提唱を続けているそうです。

男子の試合は、日本からは川村昌弘選手が出場しました。欧州ツアーの中堅選手を中心に、南アフリカ、南米、アジアと世界中から144名の選手が出場しました。世界ランク100位以内の選手も数名出場しています。

女子も米国女子ツアーや欧州女子ツアーの選手を中心に、世界中から144名の選手が出場しました。英国のチャーリー・ハル選手やジョージア・ホール選手、韓国のイ・ジョンウン6選手など、世界ランク上位の選手が数名出場しました。

優勝は、男子がイングランドのダニエル・ギャビンス選手。女子はタイのパジャレー・アナナルカルン選手が、プレーオフで米国のエマ・タリー選手を下して優勝しました。

前回2位の、ISPS HANDA アンバサダーのチャーリー・ハル選手は、17位タイで終えましたが、素晴らしいショットで見せ場を作っていました。

この同じコースで、EDGA欧州ツアー「ISPS HANDA ワールド・ディサビリティー・インビテーョナル by ブレンダン・ローワー」という障害者ゴルフの試合も、同時開催されました。こちらの大会は、見事にISPS HANDA アンバサダーで、モデストゴルフのホストプロのブレンダン・ローワー選手が優勝しました。彼は前週開催のEDGA欧州ツアー「EDGAカズー・オープン」に続き連勝です。

ブレンダン・ローワー選手は今回の優勝により、障害者ゴルファーの世界ランク1位に輝きました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる